FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase29:「苦戦」

 俺が手にするシルバーソードと、スケルトン・エルヘイトが持つクリムゾン・エッジが交差し、耳障りな音を響かせる。

 俺が振るった横薙ぎの剣を僅かに身を反らして躱したエルヘイトは、お返しとばかりに袈裟懸けに剣を振り下ろして来た。
 赤い魔力の残光を軌跡に迫る凶刃を半身になって躱すと同時に、エルヘイトの頭部へと突きを放つが、首を傾ける、ただそれだけの動作で避けられた。
 その直後、眼下から迫る赤光が視界の端に映る。
 逆袈裟に振り上げられた剣を咄嗟に下がって躱すが、反応が遅れたか、左肩口に当たって鋭い痛みが走った。
 少し大きく距離をとり、チラリと視線を向ければ、バリアジャケットの左肩口が少し切れている。……なるほど、魔力の篭った武器はバリアジャケットの防御を抜く、か。……とは言えあの一撃でこの程度で済んでいるのもまた、バリアジャケットの防御力のお陰でもあるのだが。
 何にせよ、絶対の防御なんてものは無いのだと肝に銘じ、意識をしっかりと敵へと向ける。
 次に動いたのは向こうからだった。
 猛然と迫るエルヘイト。奴は俺に肉薄すると同時に突きを放ってくる。
 烈風と見紛う程の突きを左に跳んで躱し、反撃にその伸びた腕に向かって振り下ろしの斬撃を放つも、エルヘイトは空いていた左手で俺の刃を殴りつけるかのように、斬撃の軌道を無理矢理逸らした。
 僅かに体勢を崩した俺に振るわれる、薙ぎの一撃。それを屈むように姿勢を低くして躱す。が、その直後、視界に迫るエルヘイトの赤い脚の骨。
 咄嗟に両腕を交差するようにしてガード。
 骨とは思えない威力の蹴りと、バリアジャケットのガントレットがぶつかり合って派手な音を立て、鈍い衝撃を受けて吹っ飛ばされた。
 勢いに逆らわないように受身を取り、直ぐに起き上がって体制を整えようとしたところに迫る、追撃の剣。
 俺はそれを剣で受け流すように捌き、反撃に両手持ちで、袈裟懸けに渾身の一撃を振り下ろす。
 入った、と思った俺の剣は、右下に潜り込むように躱したエルヘイトの右肩を削るに終わり──しまった、と思う間もなく迫る、胴を薙ぐ一撃。
 俺は咄嗟に剣の柄から左手を離し、敵の刃へとかざした。

「『ラウンドシールド』……っ!」

 咄嗟に創り出した盾は敵の凶刃を何とか受け止める。
 だが、今しがた振り下ろした俺の剣は自身の身体の左側に、対して迫る剣は右側からであったために、翳した左手は身体の前で交差するように、そして身体も無理矢理捻るような体勢であったため、敵の勢いでバランスを崩す。

「ぐっ……!」

 そのまま力任せに振りぬかれたエルヘイトの剣に、俺は受け止めた『ラウンドシールド』ごと吹っ飛ばされ、したたかに身体を地面に打ち付けて呻き声が漏れた。
 それでも何とか敵から目を離さずにいられたために、次いで上から叩きつけるように振るわれたエルヘイトの追撃は、地面を転がるようにして躱すことが出来た。
 転がった勢いそのままに飛び起きると同時、エルヘイトへバインドを掛ける。
 収束した魔力はエルヘイトの左手首を拘束し、更に追撃を掛けようとしていた奴の動きを止めた。
 今のうちに、と、一度呼吸を整え、直ぐに攻撃を仕掛けようとした俺は、そこで目に入った光景に動きを止めた。エルヘイトは自身の左腕を縛る藤色のリングを見やると、あろうことか左腕を肩口から切り落としやがったのだ。
 思わぬその光景に念のためにと一度距離を取り、離れた俺が荒い息を整えつつ警戒する中、ザラリと魔力の塵に還る左腕。その直後、エルヘイトの背後に創られる黒い魔法陣。
 そしてそこから、5体のスケルトン達が現れた。
 新たに現れた5体は、エルヘイトと同じような赤色の骨で創られており──それでもエルヘイトよりは禍々しさの少ない、純粋な赤に近い赤色だが──向かって左から順に、長剣とラウンドシールド、長槍、両手斧、両手剣、ハルバードを手にしている。
 ……参ったね。ここに来て新手か。アナライズで調べる余裕は……無さそうだなぁ。
 距離を取って失敗した、と反省しながら敵の様子を観察しているうちに、エルヘイトの後ろの5体がこちらに向かって動き出していた。
 先を行くは長剣と両手斧のスケルトン、その後ろから残りの3体が追従している。その統制の取れた動きを見ているだけで、やばい気配だけがひしひしと俺の心を占めていく。
 一方でエルヘイトは動かず──その失った左腕の部分に、黒い魔力の塊と思われるものが集まっているのが見えた。あれは……腕を再生してるのか?
 何と言う厄介な奴、と思わず苦々しい溜め息が出たところで、スケルトン達が接近。
 先頭の2体を追い越すように、その後ろから突き込まれた長槍の刺突を身体を捻って躱したところで、右から長剣のスケルトンがその剣を袈裟懸けに振り下ろしてきた。
 俺はそれを右手のシルバーソードで防ぎ、次いで挟み込むように左から横薙ぎに振るわれた両手斧の攻撃を、左手の先に創り出した『ラウンドシールド』で受け止める。
 そこに俺の真正面から唐竹に振り下ろされるハルバード。
 息をつく間もない連撃に、思わず出そうになる悪態を飲み込み、左右の手で敵の攻撃を受け止めたまま一歩後ろに下がってそれを躱す……が、そこまでだった。
 ゾワリとした殺気に首を後ろに回して様子を窺えば、まるで俺が躱すのも織り込み済みだと言わんばかりに、俺の後ろに回りこんでいた両手剣のスケルトン。
 その体長と同程度はあろうかと言う肉厚の大剣グレートソードが、大上段から振り下ろされる。
 ──躱せない。
 その事実が妙にはっきりと認識できて、迫る大剣が俺の頭に叩きつけられる、数瞬先の最悪の未来を幻視して──バチリと、耳に届いた雷鳴と、俺の眼前でピタリと止まった大剣。そして同時に左右の手に掛かっていた圧力も消えていることに気付いた、その次の瞬間だった。

「サンダーーーー、レーーーイジッ!!」

 高らかに響き渡る雷神の咆哮。その直後、俺の周囲に降り注ぐ雷の嵐。それは俺の周囲に固まる赤いスケルトン達に吸い込まれるように炸裂し、けれども決して俺には被害を与えることなく、薙ぎ払い、灰燼へと化していく。
 そして雷の降り止んだそこには、既にスケルトン達の姿は無く──上を見ると、この広間の天井はそれなりに高くなっている事に今更気付き、そしてその天井付近、丁度俺の真上あたりにフェイトの姿があった。

「葉月、大丈夫!?」

 ふわりと俺の直ぐ側に降り立ったフェイトが詰め寄ってくる。周囲を窺えば、そこには最初に現れた大量の普通のスケルトンの姿は既に無い。そして視線を再びフェイトに向けて、彼女の顔を確認したところで、「はぁああ」と、盛大に、安堵の息がようやく漏れた。

「……ありがとう、フェイト。お陰で何とか無事だったよ」

 彼女へそう言うと、フェイトは「本当に? 大丈夫?」と、ペタペタと俺の身体を触りながら確認してくる。……いや、うん、ありがたいんだけど、ちょっと過保護だぞと思わなくも無い……けど、言えなくて苦笑するに留める。
 と、フェイトが不意に動きを止めて、俺の顔を見て「怪我してる」と言って、むぅと唸った。その前に彼女が視線を送っていたのは……左肩か。

「動かないでね」

 そう言ってフェイトが俺の傷口に手を翳すと、そこから温かいものが流れ込み、傷が癒えていく。って、これって……。

「回復魔法?」
「うん。『フィジカルヒール』って言うんだけど……」
「覚えたの?」
「その……やっぱり、使えた方がいいかな……って」

 やっぱり、俺のため……なんだよな。
 そう思うと、じわりと、心の中に温かなものが広がるのが感じられて、自然と笑みが浮かんだ。

「ありがとう、フェイト」
「ううん……それより、ちゃんと教えてあげるからね」
「ん。期待してる」

 もう一度彼女に「ありがとう」と言ってから、意識を──無論今まで完全に外していたわけじゃないけれど──エルヘイトへと向ける。
 どうやら向こうの準備も万端らしい。
 エルヘイトの左腕は完全に再生しており、その背後には再び出現している、5体の赤いスケルトン。その手に持つ武器の構成も先程と同じだ。
 けれど、俺の心には焦燥も不安も何も無かった。なぜなら、俺の隣にはフェイトが居るのだから。
 心から信頼できる人が側にいる。……それだけで、負ける気なんて有りはしない。いや、むしろ絶対に勝てるとしか思えなくて、そんな自分の心境が何とも無しに可笑しかった。

「──『アナライズ』」

 先程は見る余裕の無かった情報を取得する。ターゲットはエルヘイトの後ろのスケルトン。そのうちの1体。



名前:スカーレット・ボーン・ナイト
カテゴリ:魔造生物モンスター/アンデッド
属性:闇
耐性:闇
弱点:光・火/頭部
「ルディエント王国第二騎士団に所属した騎士達の中でも、『血染めの剣鬼』の直属の部下として戦っていた部隊の成れの果て。アンデッド化による個々の弱体化はあるものの、その卓越した連携は衰えを見せることはない。死してなお『血染めの赤骨スカーレット・ボーン』の眷属として戦い続ける」



 俺の眼前に出現する半透明のウィンドウ。そこに表示された文字をざっと流し見て、直ぐに閉じる。フェイトには「弱点は変わらず。連携が厄介」とだけ伝えると、彼女は「解った」と答えた。
 フェイトと一瞬視線を交わし、頷きあうと、敵に向かって駆け出す。
 それとほぼ同時に、向こうもこちらに向かって動き出していた。

《Blitz Action》

 バルディッシュの声が聞こえた次の瞬間、俺の隣からフェイトの気配が消失する。
 そして彼女の姿は、5対のスカーレット・ボーン・ナイトの後ろに、まるで瞬間移動の如く現れる。短距離高速移動魔法だったか……っていうか、この速度で転移じゃないってんだから凄まじい。
 フェイトはその手にしたアックスフォームのバルディッシュを、手近に居た大剣のスカーレット・ボーン・ナイトに叩きつけるように振り抜いていた。
 そしてそれを受けてようやく、残りの4対は動きを急停止、フェイトへとその矛先を向けた。
 俺はそこまで見届けたところで、エルヘイトに接敵。

「はぁっ!」

 俺の剣とエルヘイトの剣が、幾度目かの剣戟の音を鳴らす。
 右上から左下へ、袈裟懸けに振り下ろした俺の剣と、反対に切り上げられたエルヘイトの剣がぶつかり合い、弾かれる。
 その反動を利用して直ぐに右からの横薙ぎを振るうも、剣を縦にして受けられ、お返しとばかりに袈裟懸けに振るわれた相手の剣を半歩ずれることで躱す。
 次いで振るわれた左からの横薙ぎを剣で受け、斬り上げ気味の一閃を返す。
 俺の攻撃は身体を反らすように躱され、反らした身体を戻す勢いを利用するように突きを放ってくるエルヘイト。
 それをラウンドシールドで受けたところで、不意に影が差した。ラウンドシールドを維持したまま背後を窺えば、両手斧を振り上げたスカーレット・ボーン・ナイトが。
 だが、その武器が振り下ろされる前に、その頭蓋にフェイトのフォトンランサーと思われる魔力弾が炸裂し、爆砕する。
 俺は直ぐに意識をエルヘイトへと戻すのとタイミングを同じくして、エルヘイトは俺の右側に回りこもうと動いていた。
 俺の右肩の辺りに振るわれる斬り下ろしを、身体を回すように躱し、次いで振るわれる一撃は剣で捌いて受け流す。
 そこから更に振るわれた、俺の顔に向けて突き込まれた三撃目は身体をずらして避けるが、僅かに遅れたか、頬に一瞬鋭い痛みを感じた。
 お返しにと奴の頭めがけて振るった剣は、前方に踏み込むように躱され、そのまま下から斬り上げてくる。
 俺はそれを僅かに下がってやり過ごし、反撃に袈裟懸けの攻撃を繰り出すが、剣を引き戻したエルヘイトに受け止められた。
 交差する俺とエルヘイトの剣。
 一瞬膠着する俺達だったが、同時に弾かれるように一歩下がると、再び同時に踏み込んで剣を振るう。
 再び鳴り響く剣戟。
 だが、もう一度エルヘイトと剣をぶつけ合った時だった。バギンッと嫌な音を立てて、俺の持つシルバーソードが半ばから折れた。
 マジかよ、と思う間もなく、これをチャンスと見たか、上段から唐竹に剣を繰り出してくるエルヘイト。俺は咄嗟に『ラウンドシールド』でそれを受け止めた。
 そしてその時、奴の背後にフェイトが現れる。

《Scythe Form》

 バルディッシュの斧頭の部分が柄と平行に起き上がり、魔力の刃が形成された。
 その時点でフェイトの存在に気付いたか、エルヘイトがバッと後ろを振り返り──ザンッと、剣を持った赤い右腕が宙を舞った。
 空中で魔力の霧へと還るエルヘイトの右腕。
 エルヘイトはその時点で後ろに下がろうとしていたが、次の瞬間、残った左腕と両足を、金色の立方体──フェイトのライトニングバインドが拘束する。
 俺は落ちてくるクリムゾン・エッジを掴み取ると、その勢いのまま、エルヘイトの頭部へと振り下ろす!
 ……一瞬の静寂の後、崩れ落ちるように、エルヘイトの身体が魔力の霧へと変わった。
 しばしの間構えを解くことなく様子を窺っていた俺は、それ以上何も起こらないことを確認し、フェイトと視線を合わせて、

「勝った……のか?」
「みたいだね。やったね、葉月」

 フェイトのその言葉で、ようやく大きく安堵の息を吐いた。




 その後、盛大に散らばる魔結石や、スカーレット・ボーン・ナイトの戦利品と思われる武器や、赤い骨の欠片を回収した俺達は、6階へと降りる階段のすぐ側に、見慣れぬ魔法陣が描かれているのに気がついた。
 「なんだろうね、これ?」と首を傾げるフェイト。
 俺は試しにその魔法陣に向けて『アナライズ』を使用してみると──


名前:転移陣ポータル・ゲート
カテゴリ:魔法陣
「『マイルーム』に直結する転移魔法陣。『マイルーム』の転送機能を使用し、直接この転移魔法陣へと来ることも出来る」


 その説明文に思わず「おお」と言った俺に対して、フェイトは「何て書いてあるの?」と訊いてきたので、内容を読み上げると、俺の感嘆の声の意味が解ったと笑みを浮かべるフェイト。
 どうやら『マイルーム』の方にも転送機能とやらがあるようで。恐らく今回ので開放された機能とかなんだろうか。
 じゃあ早速、これで戻ってみようかと、フェイトと一緒に魔法陣の上に乗り──次の瞬間、俺達の姿は『マイルーム』の中、扉の横の端末の前にあった。
 やれやれ。戦闘を余儀なくされたときはどうなるかと思ったけれど、結果的に良いほうに転がってくれて良かった。
 俺達はこの時点でようやく心から緊張を解くと、フェイトの召喚時間が終わるまでの残りの約1時間程を過ごした。




※※新たな【称号】を獲得しました!※※

『討伐者・血染めの赤骨』:ネームドモンスター『血染めの赤骨スカーレット・ボーン』エルヘイトを討伐した。


※※【称号】がレベルアップしました!※※

『魔法剣士・Lv2』:剣と魔法を駆使して戦う者。『ソード』の扱いにボーナス。魔法使用全般に若干のボーナス。


※※【スキル】がレベルアップしました!※※

『戦場の心得・Lv2』:パッシブ。危機を脱し、生還した。戦闘時に平常心を保つことができる。各種精神系バッドステータスからの回復にボーナス。
各種精神系バッドステータスにかかる確率が減少する。




【プレイヤー名】
 長月 葉月 [Hazuki Nagatsuki]

【称号】
『第三次召喚者』:異世界から召喚された『深遠なる迷宮』第三次攻略者。出身世界は『地球』。
『召喚師』:召喚術を使用して戦う者。
『魔導師』:特定異世界の魔法を使用する者。Unknown。前提条件:スキル『リンカーコア』。
『魔法剣士・Lv2』:剣と魔法を駆使して戦う者。『ソード』の扱いにボーナス。魔法使用全般に若干のボーナス。
『討伐者・血染めの赤骨』:ネームドモンスター『血染めの赤骨スカーレット・ボーン』エルヘイトを討伐した。

【ユニークスキル】
『キャラクター召喚・Lv1』
 :術者の知る創作物のキャラクターを召喚することができる。連続召喚時間は最大3時間。送還後、召喚していた時間と同時間のスキル使用不能時間ディレイが発生する。
  召喚可能キャラクター
  『フェイト・テスタロッサ』

【スキル】
『アーサリア言語』:パッシブ。迷宮の王より付与された初期スキル。この世界の言語を使用することができる。
『戦場の心得・Lv2』:パッシブ。危機を脱し、生還した。戦闘時に平常心を保つことができる。各種精神系バッドステータスからの回復にボーナス。
各種精神系バッドステータスにかかる確率が減少する。
『リンカーコア』:パッシブ。先天性。周辺魔力を自身の魔力に変換することができる器官。特定異世界の魔法を使用することができる。魔法使用全般にボーナス。Unknown。
『召喚師の極意・Lv2』:パッシブ。特定条件を満たす事により、最大召喚時間が延長され、スキル使用不能時間ディレイが減少する。──重ねた心は力となり、繋いだ想いは強さとなる。それはやがて、未来を繋ぐ翼とならん──。
  【延長時間】フェイト・テスタロッサ:1時間15分
  【減少時間】フェイト・テスタロッサ:35分
『ミッドチルダ魔法』:アクティブ。特定異世界に属する魔法の一系統。前提条件:スキル『リンカーコア』。
  [念話] [バリアジャケット] [リングバインド] [ラウンドシールド]
『アナライズ』:アクティブ。解析魔法。アイテムやモンスター等の情報を取得する事ができる魔法。術者の能力と、対象の性能や能力によっては、情報を取得できない場合がある。
『フィールド・アナライズ』:アクティブ。スキル『アナライズ』からの派生スキル。術者が居る階層の地図を表示する。但し、術者が移動したことのあるエリアに限る。前提条件:スキル『アナライズ』
『アーカイブ』:アクティブ。スキル『アナライズ』からの派生スキル。『アナライズ』を使用した時に自動取得される。『アナライズ』によって得た情報を閲覧する事が出来る。前提条件:スキル『アナライズ』。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/09/26(水) 04:50:05|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<永遠神剣之章:47.一日だけの、学園祭。 | ホーム | 永遠神剣之章:46.旅立ち、次なる世界へ。>>

コメント

>『血染 めの剣鬼』
前話で剣鬼と書いてあったのにこの話だと戦鬼になってますよ(´・ω・`)?

読み返してて、改めて思いましたけど……フェイトは可愛い(確信)
  1. 2013/05/02(木) 16:57:14 |
  2. URL |
  3. 国元街人 #-
  4. [ 編集 ]

>>国元街人 様

ご指摘ありがとうございます。修正しました。
それはともかくフェイトさんが可愛いのは言うまでもないことなんですが、私が書くフェイトさんが可愛いと思っていただけたならなんとも嬉しいことです。
今後もフェイトさんともども拙作をよろしくお願いします。
  1. 2013/05/02(木) 23:37:09 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/79-e156efed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR