FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase27:「フェイト・テスタロッサ」

 翌日の朝、召喚を行った俺の前に現れたフェイトは、まるで一晩中泣き明かしたかのような眼をしていた。

 思わず「大丈夫?」と問う俺に対し、彼女は「何のこと?」と言うように小首を傾げた後、すぐに俺の問いの理由に思い至ったのか、淡く笑みを浮かべる。

「うん、大丈夫。その……嬉しいことがあっただけだから」

 凄く嬉しくて……嬉しすぎて、泣いてしまったのだと、フェイトは言う。その言葉の通り、本当に嬉しそうな表情を浮かべて。
 フェイトが言う「嬉しいこと」が何なのかは解らないけれど、そんな彼女の様子を見ているだけで、何だかこっちも嬉しくて、

「それなら良いんだ」

 だから、と言うわけではないのだけど、何となく、目の前にあるフェイトの頭を撫でると、少しくすぐったそうにしながらも「どうしたの?」と訊いてきた。

「いや……フェイトが嬉しそうだったから、何となく」
「そっか」

 俺の答えにくすくすと鈴を転がすように笑うフェイトは、やおら俺の胸に額を当てるように、身体を預けてくる。その際に見えた彼女の表情は、つい先ほどまでとはまるで違う、憂いを帯びたもので──。
 フェイトの行動に少し驚き、「どうした?」と訊いた俺に、フェイトはそのままの姿勢で小さく首を横に振った。

「ん……何となく」
「そっか」

 そんなやり取りが何となく嬉しくも楽しく、思わず笑みが漏れる。けれどその一方で、一瞬見えた彼女の表情が気になるのも確かで。
 もう一度フェイトの頭を撫でると、サラリとした髪の毛の感触が手に感じられて心地良い。

「……フェイト」
「なに?」
「良い事ってなんだったのか、訊いても?」

 俺の発した問いに対し、少しの間沈黙が流れる。しばらくの間そのままでいると、不意にフェイトが頭を上げ、俺の顔を見上げるように見つめてきた。
 そこに浮かぶ表情は、感じさせる雰囲気は、先ほどの表情と同じで、どこか憂いを感じさせるもので──次の彼女の言葉を待っていると、

「……あのね、葉月」

 ポツリと、フェイトの口が言葉を零した。

「少しだけ長くなるけど、聞いてもらってもいい……?」
「うん、もちろんいいよ」

 彼女の言葉に頷いて返すと、フェイトは「ありがとう」と言ってから、言葉を続ける。

「私ね、今、ある事件のことで、裁判を受けてるんだ」

 そう言って「驚いた?」と問い掛けて来たフェイトは、少しだけ寂しそうに笑った後、顔を俯かせてもう一度、額を俺の胸に押し当てるように身体を預けてきた。
 そしてそのまま、彼女は静かに言葉を紡ぐ。
 春先に起きた出来事のこと。
 プレシア・テスタロッサPT事件と呼ばれる、彼女が深く関わり、彼女の人生そのものを大きく変えた事件のことを。
 ずっと側に居てくれた使い魔であるアルフ。母親であるプレシア・テスタロッサ。時空管理局のリンディ提督。クロノ。真っ直ぐに、諦めずに、何度もぶつかってきてくれた……初めての友達、高町なのは。
 そして、ロストロギア『ジュエルシード』を巡る争いの果てに、何があったのか。

「リンディ提督が言ってくれたんだ。裁判が全部終わって落ち着いたら、『地球』に移住しましょうって。『地球』に移住して、なのはと同じ学校に通ってみない? って。……私ね、すごく嬉しかった。嬉しくて、嬉しすぎて──」

 そう言って、フェイトは俺の胸に顔を押し当てたまま、背中に手を回してきた。まるで、今の自分の顔を見せないようにするように。

「私ね、今、すごく幸せだよ。
 今はまだ会えないけど、大切な友達が、なのはがいる。まだ実際に会えたわけじゃないけれど、アリサやすずかって言う新しい友達もできた。アルフはいつも私の側にいてくれるし、リンディ提督やクロノ、それにエイミィも、すごく温かくしてくれてる。それに……葉月に出逢えて、こうして一緒にいられる。ほんとうに、幸せで──」

 キュッと、俺の背に回された手に力が篭るのが解る。

「前にね、リンディ提督に聞かれたんだ。母さんのこと、今はどう思ってる? って。今でも眼に焼きついてる。母さんが、アリシアが、虚数空間に落ちていく姿が。それを考えると、私、答えることが出来なかった。……今でもきっとそう。
 だからかな? 思っちゃうんだ。今が本当に幸せで、温かくて。けど、こんなに幸せで、いいのかなって。だって、私は──」
「フェイト」

 それ以上を言わせてはいけない気がして、彼女の名前を呼びながら抱き締め返すと、一瞬身体を震わせて口を噤むフェイト。
 ……これは、俺が言って良い事じゃないのかもしれない。
 その当時の彼女を実際に見たわけじゃないだけではなく、彼女が話してくれたことを『別の話』として知っている俺は。
 今しがたフェイトが話してくれたことは、細部は違う部分は多々有れど、大筋は“俺が知っている話”と同じだった。そしてその事実が、否応無く俺の胸を締め付ける。
 けど、今は……。

「頑張ったな」

 俺がそう言うと、フェイトは「え?」と言ったような表情を浮かべながら顔を上げる。そんな彼女の顔を見ながら、もう一度そっと撫でる。労わるように、想いを篭めて。

「辛いことも、苦しいことも有ったんだよな?」

 俺の言葉にフェイトはこくりと頷いて、そのまま顔を伏せた。

「挫けそうになったり、身体も……心も、傷つくこともあったかもしれない」

 顔を伏せたまま、もう一度、注意していなければ解らないぐらいに本当に小さく頷くフェイト。

「けどさ、それでも立ち上がって、前を向いて、一生懸命に進んできた結果が、今のフェイトだろ? ……そのフェイトが、幸せになっちゃいけないなんてことは、絶対にないよ」

 もう一度顔を上げて、俺を見るフェイトに視線を合わせる。嘘や、この場しのぎの言葉なんかじゃなく、本当に心からそう思っているんだって伝わるように。

「フェイト……良かったな」

 彼女はその表情をくしゃりと歪ませて──もう一度、顔を伏せる。
 俺はただ、そんな彼女を抱き締めて、撫で続けていた。



 その後しばらくの間そのままでいた俺達は、フェイトが落ち着いたのを見計らってそっと身体を離す。その際に名残惜しく感じてしまったけれど、それはまぁ仕方の無い事だろう。

「……だめだね、私。昨日いっぱい泣いたのに、今日もいっぱい泣いちゃった」

 ソファに並んで座ったフェイトが、そう言って恥ずかしげに頬を染めた。
 そんな彼女の様子に苦笑して、「いいんだよ」と言いながら、少し乱暴に撫でてやる。……今日はよくフェイトを撫でる日だな、なんてことが頭を過ぎって、もう一度苦笑が漏れたが。

「哀しい涙は止めないといけないけど、嬉しい涙は幾らだって流していいんだよ。知らなかったか?」
「……さっきの私は、どっちだったのかな」

 俺の言葉にそうぽつりと漏らしたフェイトは、直ぐに淡く笑みを浮かべた。

「ねえ、葉月。葉月はすごいね」

 そう言って、優しく笑うフェイトと視線が絡む。

「葉月に全部話しちゃったら、少しだけ、心が軽くなった気がする。私ね、もう葉月に隠すようなこと、無くなっちゃった。だから、いつか──」

 うん、解ってるよ、フェイト。
 ……いつか、彼女には全てを話さないといけないだろう。俺が“知っている”こと。俺にとって『フェイト・テスタロッサ』がどんな存在か。……その結果、例え彼女に嫌われることになったとしても。
 今は、今すぐは勇気が持てないけれど、いつか──きっとそう遠くないうちに、必ず。




※※【スキル】がレベルアップしました!※※

『召喚師の極意・Lv2』:パッシブ。特定条件を満たす事により、最大召喚時間が延長され、スキル使用不能時間ディレイが減少する。──重ねた心は力となり、繋いだ想いは強さとなる。それはやがて、未来を繋ぐ翼とならん──。
  【延長時間】フェイト・テスタロッサ:1時間15分
  【減少時間】フェイト・テスタロッサ:35分




【プレイヤー名】
 長月 葉月 [Hazuki Nagatsuki]

【称号】
『第三次召喚者』:異世界から召喚された『深遠なる迷宮』第三次攻略者。出身世界は『地球』。
『召喚師』:召喚術を使用して戦う者。
『魔導師』:特定異世界の魔法を使用する者。Unknown。前提条件:スキル『リンカーコア』。
『魔法剣士・Lv1』:剣と魔法を使用して戦う者。『ソード』の扱いにボーナス。魔法使用全般に若干のボーナス。

【ユニークスキル】
『キャラクター召喚・Lv1』
 :術者の知る創作物のキャラクターを召喚することができる。連続召喚時間は最大3時間。送還後、召喚していた時間と同時間のスキル使用不能時間ディレイが発生する。
  召喚可能キャラクター
  『フェイト・テスタロッサ』

【スキル】
『アーサリア言語』:パッシブ。迷宮の王より付与された初期スキル。この世界の言語を使用することができる。
『戦場の心得・Lv1』:パッシブ。戦闘時の錯乱/混乱状態より回復・生還した。戦闘時に平常心を保つことができる。各種精神系バッドステータスからの回復にボーナス。
『リンカーコア』:パッシブ。先天性。周辺魔力を自身の魔力に変換することができる器官。特定異世界の魔法を使用することができる。魔法使用全般にボーナス。Unknown。
『召喚師の極意・Lv2』:パッシブ。特定条件を満たす事により、最大召喚時間が延長され、スキル使用不能時間ディレイが減少する。──重ねた心は力となり、繋いだ想いは強さとなる。それはやがて、未来を繋ぐ翼とならん──。
  【延長時間】フェイト・テスタロッサ:1時間15分
  【減少時間】フェイト・テスタロッサ:35分
『ミッドチルダ魔法』:アクティブ。特定異世界に属する魔法の一系統。前提条件:スキル『リンカーコア』。
  [念話] [バリアジャケット] [リングバインド] [ラウンドシールド]
『アナライズ』:アクティブ。解析魔法。アイテムやモンスター等の情報を取得する事ができる魔法。術者の能力と、対象の性能や能力によっては、情報を取得できない場合がある。
『フィールド・アナライズ』:アクティブ。スキル『アナライズ』からの派生スキル。術者が居る階層の地図を表示する。但し、術者が移動したことのあるエリアに限る。前提条件:スキル『アナライズ』
『アーカイブ』:アクティブ。スキル『アナライズ』からの派生スキル。『アナライズ』を使用した時に自動取得される。『アナライズ』によって得た情報を閲覧する事が出来る。前提条件:スキル『アナライズ』。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/09/08(土) 13:39:45|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<永遠神剣之章:43.滅びの意思、意念の光。 | ホーム | 永遠神剣之章:42.狭間、たゆたう者。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/73-e4d897e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR