FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase14:「焦燥」

 4階の本格的な探索を始めてから既に30分。2度程スケルトンとの戦闘を終えたところで、俺はある感覚に捕らわれていた。

 それは、既視感。
 前回少しだけ様子見をしたからかとも思うけれど、それとは別にもう一つ、もしかしてと思うことはある……のだが、流石に少々確信が持てなくて、ちらりと隣を歩くフェイトの顔を見ると、その視線に気付いたか彼女が顔をこちらに向けて「どうしたの?」と小首を傾げた。

「なぁフェイト、俺の気のせいかもしれないんだけど……この階の造りって3階うえと同じじゃないか?」

 そんな俺の言葉に、フェイトは「葉月もそう思う?」と同意の声を上げる。
 やっぱりかと思いつつ、何となくつい1時間程前に通ったような気がする道筋を辿り、そこから進むこと20分程。俺達の考えを裏付けるように、5階へと降りるための階段が姿を見せていた。
 それを前にして、俺の足はその場に縫い付けられたかのように、ピタリと止まった。
 行ってみようという思考と、下りてもいいのだろうかと言う思考。
 順調だと言う想いと、順調すぎると言う想い。
 相反する想いが頭と心の中でグルグルと渦を巻く。

「……葉月?」

 不意に動きを止めた俺を訝しんだ、フェイトの声が耳朶を叩く。
 ……そうだ、何を迷う必要がある。
 俺は何のためにこの迷宮に挑んでいる? 帰るためだろう。ならば何を悩む必要があると言うのか。そのためにも、こんな迷宮はさっさとクリアして、この馬鹿げた状況をさっさと終わらすんだ。そう、それが、きっと──。

「……行ってみよう」

 溢れるように巻き起こる思考に後押しされるように、フェイトに声を掛け、階段へ向けて足を踏み出し──おもむろに腕を引かれて動きを止められた。
 顔を向けると、フェイトが俺の右腕を抱き締めるように抱えていて。
 視線が合った彼女は、小さく首を横に振って眉をひそめる。

「葉月、だめだよ」
「フェイト……?」

 「ダメって、何が?」と問いかける俺に対し、フェイトは心配そうな表情を浮かべて、もう一度首を横に振った。
 ……どうして、そんな顔するんだ。
 彼女にこんな表情をさせてしまったことに、ズキリと胸が痛む。

「葉月……何を焦ってるの?」

 何って……こんなふざけた状況に追い込まれて既に6日。もう随分と家族に心配を掛けているに違いなくて。フェイトにももうずっと、迷惑を掛けっぱなしで──。
 フェイトに問われ、それに触発されるように止め処なく溢れる感情。
 次々と湧いては消えるその考えを、想いを、湧き上がるままに受け止め、思い返して──そして気付く。
 それは全て、彼女が言うように焦燥に駆られたものばかりで──そうか、俺は焦っていたのか。そう思ったところで、不意に俺の正面に回ったフェイトが抱きつくように、俺を抱き締めてきた。
 とんっと胸に当たる、彼女の額。

「葉月」

 どんな状況だ……っていうか、いきなり何してるんだと、一瞬にして混乱に陥った俺の思考を宥めるように、俺の名を呼ぶフェイトの声がスルリと耳に入ってきた。

「葉月が帰りたいって思ってるのは知ってるし、その為に頑張っているのも知ってる。それに、私に迷惑をかけたくないって思ってくれてることも」
「だったら……」

 フェイトに言葉を返しかけた俺を遮るように、彼女が俺の胸に押し付けたままの頭を小さく横に振ると、ふわりと揺れた金糸のような綺麗な髪が腕をくすぐった。

「違うよ。私は、迷惑だなんて思ってない。……こんな状況でも、それでも前に進もうとしている葉月だからこそ、私は手伝おうって思った。“私に”助けを求めてくれた葉月の力になりたいって、そう思った。けど、無茶をして、無理を押してまで、進んで欲しいなんて思ったりなんてしないよ……?」

 静かに、諭すように想いを吐露するフェイトの姿に、もう一度、けれど先ほどよりも強く、ズキリと胸が痛んだ。
 ……ああ、そっか。
 それでようやく、自分の心に気がついた。
 確かに俺は、自分で自覚しないうちに、焦ってたんだろう。
 早く帰りたい。これ以上迷惑を掛けたくない。それも確かに理由の一つだけど、それ以上に──。

「……ごめん、フェイト」

 不意に謝った俺に、フェイトは「え?」と顔を上げた。
 彼女と俺の視線が絡み、どこか不安そうな表情を浮かべる彼女の頭にそっと手をあて、労わるように、感謝の想いと、謝罪の念を篭めて、少しだけ撫でる。

「やっと解ったよ。俺……怖かったんだと思う。……帰れるかどうか解らないことも、フェイトに迷惑を掛けてる状況にも……何よりも、いつまでも遅々として先に進めなかったら、いつかフェイトに見限られるんじゃないか、なんて」

 その結果、心の拠り所を失って、“独り”になるのが怖かったんだな。
 何てくだらなくて、情けない理由。しかもそれを、フェイトに言われて、フェイトにこんな行動をされてようやく気付くなんて。
 それで彼女にこんな行動を、表情をさせてしまっては意味がないというのに。
 俺の言葉に、フェイトはもう一度、俺の胸に額を押し付けるように、少しだけ力を篭めて抱き締めてきて。

「葉月。大丈夫だよ」

 囁くように言われた言葉。

「葉月が前に進もうと頑張って、そして少しずつでも前に進んでること、解ってるから。私は、葉月を見限ったりなんてしない。最後まで葉月の力になる。……必ず、私が葉月を帰してみせるから」

 ──だから、焦らないで。
 そんなフェイトの声が、言葉が、染み入るように心に落ちる。

「……ありがとう、フェイト」

 ……本当に、フェイトには敵わない。
 今すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれない。けど、きっともう大丈夫。そんな考えに、あっと言う間にされてしまうのだから。
 本当に──ありがとう。



……



 それから少しの間──離れるに離れられなく、と言うか、離れるタイミングを逃したと言うか。そのままの体制で居た俺達だったが、フェイトがふと何かに気付いたか、くすりと小さく声を漏らした。

「ん……葉月、心臓、すごくドキドキしてる」

 彼女のその言葉で余計に現状を意識してしまい、顔が熱くなるのが自分で解った。
 その際に一瞬ビクリと身体が動いたからか、胸に当てられていたフェイトの頭が離れた感覚。
 それに後押しされるようにチラリと視線を向けると、見上げるようにこちらを見ているフェイトと目が合う。

「葉月、顔、真っ赤だね」
「……フェイトこそ」

 そんなやり取りに、2人同時に小さく吹き出して。

「とりあえず、一旦戻ろうか」
「うん」

 俺の言葉に返事を返したフェイトが、そこでようやく俺から離れて──腕の中から無くなった温もりに名残惜しさを感じながら、帰路についた。




※※新たな【スキル】を獲得しました!※※

『召喚師の極意・Lv1』:パッシブ。特定条件を満たす事により、最大召喚時間が延長される。──心を重ね、想いを繋げ。それはやがて、遥か高みへ届く刃とならん──。
  【延長時間】フェイト・テスタロッサ:30分





【プレイヤー名】
 長月 葉月 [Hazuki Nagatsuki]

【称号】
『第三次召喚者』:異世界から召喚された『深遠なる迷宮』第三次攻略者。出身世界は『地球』。
『召喚師』:召喚術を使用して戦う者。
『剣士・Lv0』:剣を使用すして戦う者。見習い。『ソード』の扱いに若干のボーナス。

【ユニークスキル】
『キャラクター召喚・Lv1』
 :術者の知る創作物のキャラクターを召喚することができる。連続召喚時間は最大3時間。送還後、召喚していた時間と同時間のスキル使用不能時間ディレイが発生する。
  召喚可能キャラクター
  『フェイト・テスタロッサ』

【スキル】
『アーサリア言語』:パッシブ。迷宮の王より付与された初期スキル。この世界の言語を使用することができる。
『戦場の心得・Lv1』:パッシブ。戦闘時の錯乱/混乱状態より回復・生還した。戦闘時に平常心を保つことができる。各種精神系バッドステータスからの回復にボーナス。
『リンカーコア』:パッシブ。先天性。周辺魔力を自身の魔力に変換することができる器官。Unknown。
『召喚師の極意・Lv1』:パッシブ。最大召喚時間が30分延長される。──心を重ね、想いを繋げ。それはやがて、遥か高みへ届く刃とならん──。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/12(木) 22:15:02|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Phase15:「静夜」 | ホーム | Phase13:「道具」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/41-2428e071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR