FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase1:「召喚」

 ──Congratulation! 貴方は『深遠なる迷宮』に挑む第三次召喚者に選ばれました! 他の1,000人のプレイヤーと共に頑張ってください!

 ──迷宮の王ゲームマスターより、プレイヤー特典としてユニークスキルが贈られます! 貴方のお好きな能力を思い描いてください!

 ──……貴方のお好きな能力を思い描いてください!

 ──…………貴方のお好きな能力を思い描いてください!

 ──その能力は既に使用されています! 他の能力を思い描いてください!

 ──その能力は既に使用されています! 他の能力を思い描いてください!

 ──その能力は既に使用されています! 他の能力を──

 ──その能力は既に使用されています!──

 ──その能力は既に使用され──

 ──その能力は既に──

 ──その能力は──

 ──その──

 ──その能力は使用できます! よろしいですか? …………それでは、迷宮の深奥にてお会いしましょう! Good Luck!!



……



 ……変な夢を見た。
 真っ暗な空間でたただ声だけが聞こえてきただけの夢。
 そのくせ妙にはっきりと覚えてる。
 『深遠なる迷宮』、『第三次召喚者』、『1,000人のプレイヤー』、『ゲームマスター』、『ユニークスキル』……何が何だかわからない、けど、何だろう、凄く気持ち悪い。そう、言うなれば、無理矢理“解りやすいように”表現したかのような……と言うか、とってつけたような雰囲気とでも言おうか。
 そう考えたところで、ふと思った。……ここ、どこだ?
 どうやら俺はベッドに寝ているらしい。
 目に映るのは天井。だけど、自分の良く知る部屋の天井でもなければ、学校の天井でもない……ゴツゴツとした岩? がむき出しの天井。
 ……っていうかなんで俺ベッドに寝てるんだ? 確か……教室で授業受けてた……はず?
 背筋にゾクリと嫌な予感が走る。
 冷や汗が止まらない。
 徐々に心臓が早鐘を打ち始める。
 一度目を瞑って、大きく深呼吸。
 落ち着け、俺。
 …………よし、落ち着いた……わけがないけど、覚悟は……決まらないけど、体を起こして周囲の様子を見ることにする。
 ……そこは部屋だった。
 7、8メートル四方程度だろうか、小さな部屋。
 角には俺が寝ている粗末なベッド。中央には木でできたテーブルと、それを挟んで向かい合う二人掛け程度の大きさのソファー。
 その奥……ベッドから見て反対側の壁には……あれ、キッチンか?
 そのキッチンらしきものの右横の壁にはドア。
 そして俺の左手側、ベッドから一番離れた壁の真ん中には、観音開きの扉。あっちはどうも出入り口っぽい。
 出入り口の左横の壁に埋め込まれた謎の端末。
 その更に横の角には、大きな箱。ゲーム何かでよく見る宝箱……といえば雰囲気が掴めるだろうか、そんな感じの箱。
 それにこの部屋、窓も照明も無いのに何で明るいんだ?
 ……まったく持って訳が解らない。ホントここ、どこだよ?
 内心でそうボヤキながら、ベッドから降りた、その瞬間だった。

「っ!!」

 突如襲ってきた頭痛。
 ガリガリと、まるで無理やり脳に知識を刻み付けているかのような激痛と共に、事実書き込まれていくのが解る、知らない知識。
 ここはプレイヤーの為に用意された『マイルーム』で、『深遠の迷宮』に挑むために準備するための場所で、俺がこの世界・・・・で生活するための場所で、キッチンの横のドアはバスルームとトイレに通じるドアで、あの箱はアイテムボックスで、その横の端末で色々と買い物やら何やらができる。
 そんなような怒涛の情報が一気に脳内に流れ込んできた。
 気持ち悪い。
 吐きそう。
 頭痛え。
 あ、吐く。



……



 辛うじてトイレに駆け込んで、汚物を床に撒き散らす事態は防いだ。
 けどもう気力も体力も使い果たした俺は、ヨロヨロとベッドに戻ると横になる。ぎしりとスプリングが軋む音がした。
 無理やり刷り込まれた知識で、理解したくないけど現状は理解した。
 つまり、俺を始めとした、この場には姿の無い──恐らく各自の『マイルーム』とやらに居るのだろう──他の999人の第三次召喚者とやらの『プレイヤー』は、『ゲームマスター』とやらが創ったこの『深遠なる迷宮』を攻略するためだけに「この世界」にいるのだということだ。
 『ゲームマスター』が何故わざわざ迷宮を創り、そして様々な世界から様々な人間を呼び込んで、無理矢理迷宮に挑ませているのかは知らないけれど。それが今回……『第三次召喚』とやらは俺達の世界だった、と。勘弁してくれ。
 そして俺は、この迷宮をクリアしないかぎり元の世界には還れないんだとか。
 荒唐無稽。
 滅茶苦茶。
 夢だろこれ。
 そんな思いがいくつも浮かんでは、すぐ消える。
 だって俺はもうこれが事実だと理解してしまっているもの。
 ……違うな、理解「させられている」が正しいか。
 部屋の床に立った途端に襲ってきた頭痛と、その後の情報の津波。
 あれは迷宮に挑むプレイヤーが、すぐに攻略に参加できるようにゲームマスターが仕組んだ「情報提供」らしい。
 ソレによって俺は現状が事実だと無理矢理理解“させられて”しまった。
 普通ならもっと泣き叫んで、怒鳴り散らしているだろう。けど、その段階は既に通り越してしまった。……実際にはまだなのに、そんな気分にさせられてしまっている。
 ひどく、気持ちが悪い。
 ……はぁ、とりあえずちょっと寝よう。
 そういえば、今夜はカレーだって、母さん言ってたっけ。
 自分の頬を何かが流れる感触に顔を顰めた。
 ……本当に、勘弁してくれ。
 ……帰りたい。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/06(金) 21:50:32|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Phase2:「把握」 | ホーム | 永遠神剣之章:21.旅立ちの時、いつか見た景色。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/13(月) 13:22:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

>>

感想ありがとうございます。
とは言えそれですと、私の書きたいものとは別になってしまいますからね。これでいいのですよー。
  1. 2013/05/14(火) 02:55:05 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/24-68843505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (111)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR