FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

番外:義兄弟

 物部学園は生徒会室。そこは神剣使いの皆が集まる場である。

 その部屋の主とも言うべき、生徒会長の斑鳩沙月がコーヒーを飲んでいる時だった。
 マグカップを見てふとした事を思い至った沙月は、その場に居たソルラスカに声を掛ける。

「……ねえ、ソル。貴方確か、望君と“義兄弟の杯”なんての交わしてたわよね?」

 問われたソルラスカは、「いきなり何だ?」と言わんばかりに胡乱気な視線を送りつつ、「そうだけど、それがどうかしたのか?」と返事を返す。
 それに対して沙月は、「別にどうって事はないんだけどね」と前置きし、

「いや、青道君とはしないのかなって思っただけ」

 その言葉が沙月から出た瞬間、ソルラスカの表情が苦々しく変わる。
 それを見て沙月は思う。あ、地雷踏んだ? と。
 そんな沙月の内心を他所に、ソルラスカは言葉を紡ぎ出した。

「いや、話は持ちかけたんだけどよー……」

 そこで言いよどんだ彼に、沙月は内心、ここはさらっと流しておいた方が良いだろうと思いつつ、「ああ、断られちゃったんだ?」と軽く返すに留める。

「いや、あいつの……ナナシのヤツがな……」

 ソルラスカの口から出た意外な名前に、「青道君じゃなく、ナナシが?」と疑問を呈した沙月に対して、ソルラスカは再度苦々しい表情を向けて、言った。

「『マスターと貴方が“義兄弟”ですか? …………………………………………………………出直して来てください』とか言いやがったんだよ! あのクソ長え間は何なんだっつーの!」

 思わず「うわぁ」とか言ってしまったが無理も無い。

「……えーっと、じゃあ、ほら! 暁君は?」
「…………お前、解ってて言ってねえ?」

 ともあれそんな居たたまれない状況に頬を引きつらせつつ、何とか空気を換えようと、別の人物──彼の“義兄弟”の親友の名を上げたは良いのだけれど、返って来た返事に、更に内心冷や汗を流す沙月。

「絶のやつにも『ナナシ』が居るんだよ……返って来た答えもまったく一緒だったっつーの…………」
「あ、あははは…………」

 もう笑うしかない。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2015/09/14(月) 00:20:29|
  2. 永久なるかな ─Towa Naru Kana─
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<番外:手紙 | ホーム | Phase73:「瀟洒」>>

コメント

ごめんなさい

まずはじめに謝罪をば。
申し訳ございませんでした。

元が拍手レスのだからすごく短いんだよなぁ、どうしよう……なんて思っていたら、艦これのイベントに追われてすっかり忘れていました。
と言うわけで、順繰りアップしていきます。

迷宮の方もちょこちょこ書き進めて居るんですが、そちらは更新はもう少し先になります。頑張ります。
  1. 2015/09/14(月) 00:29:09 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

自分も同じイベントに参加

ですよねー(棒

それはソルが悪い

暁のナナシまで断れるとは人望が無いな

戦闘だと役に立つのに・・・
  1. 2015/09/14(月) 22:22:33 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの自由騎士 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>>通りすがりの自由騎士 様

いやぁ、厳しい戦いでしたねぇ。13秋を思い出しました……と、それはともかく。
感想ありがとうございます。
人望というより、ノリの問題でしょうねえ。
人によってはしっかりした「頼れる兄貴」であるように、多分ソルのノリに付いてこれる相手なら、望のように応じてくれたと思います。
結論:ナナシに当たったのが運の尽き。
  1. 2015/09/14(月) 23:26:50 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/199-7ab7326c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (111)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR