FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase68:「連鎖」

「お疲れ様です、ハヅキ。怪我は有りませんか?」

 地上に降りた俺の側へ、アルトリアが歩み寄りながら声を掛けて来た。
 それに「大丈夫」と返すと、「そうですか」と微笑むアルトリア。

「それにしても、本当に俺が降りる前に戦闘を終わらせちゃう辺り、流石だね」
「いえ、今回は私の乱入で敵が不利を悟ったのか、早々に撤退しましたから。それよりも……むしろ、こうして曲がりなりにも統率の取れた撤退行動に移れる、と言うことが解ったのが重要かと」

 アルトリアに言われ、なるほど確かにと納得する。
 統率が取れているということは、即ちそれを率いる者が居るということである。つまり……。

「……間違いなく、ネームドモンスターが居るだろうね」

 俺の思考を代弁するかのような言葉が、横合いから掛けられた。
 地上に居た『プレイヤー』のうちの一人。聞き覚えのある声……と言うか、昨夜も聞いた声に振り返ると、そこに居たのは稲葉さん。いやホント、何だか妙に縁があるなぁ。
 上から見えた9人のうち、5人は稲葉さん達で、4人が知らない人。そのうちの一人が、先程俺のところに来た羽の少女だ。
 『羽の少女』とは言っても、どうやら出し入れ可能なようで、俺に続いて地上に降りたときには既に消えていた。
 稲葉さんに「こんにちは」と声を掛けると、同じように返してきてから「それにしてもビックリしたよ」と苦笑を浮かべる。

「確かに……妙な縁がありますね」
「いや、ビックリしたのはそれもなんだが……」

 偶然会えたことかと思ったら、稲葉さんはチラリとアルトリアに視線を送り、

「いきなり上から突っ込んできたからね。流石に予想外だったよ」

 ──ああ、それは確かにビックリするか。
 稲葉さんの言葉に納得する俺に、アルトリアが多少気まずげに苦笑しながら、「流石にもう一度やろうとは思いませんよ」と言ってきて──

「稲葉さん、そちらの二人を紹介してもらえますか?」

 その時稲葉さんの後ろに居た、知らない4人のうちの一人……白銀のフルプレートアーマーにロングソードの、金髪の整った顔立ちの男性が歩み出て、そう話しかけてきた。
 その側には、3人の少女。
 一人は先ほどの羽の少女で、残る二人のうち、一人は胸部鎧に手甲と脚甲を身につけてロングソードを身につけた、剣士風の子。もう一人は硬皮ハードレザー系の鎧を着けた、軽装の子だ。腰の左右にショートソードを2本佩いているところから、手数で勝負するタイプだろう。
 剣士風の子と軽装の子は、それぞれ男性の左右に寄り添うように立ち、その3人のすぐ後ろに、羽の少女が遠慮がちに立っている。
 男性へ「ああ、彼は──」と口を開いた稲葉さんに断りを入れ、男性の前に歩み出た。

「始めまして。俺は長月葉月って言います。稲葉さん達とは何かと縁が有って、何度か共闘したりしてるんですよ。で、彼女は俺の仲間で──」
「セイバー、とお呼びください」
「ボクはグレイといいます。よろしく」

 俺達の名乗りに対して、男性もペコリと頭を下げて名乗り返してきた。
 ついで、彼の仲間と思わしき女の子達も紹介してくれた。羽の少女ハルナ。剣士風の子はアカリ。軽装の子はケイと言うらしい。
 と、互いに自己紹介を終えたところで、稲葉さんから「よかったら一緒に行かないか?」と誘いを受けた。
 アルトリアとも軽く相談し、特に問題は無いだろうということで、グレイ達が良ければと返事をすると、快く了承されたので、連れ立って森の奥を目指す。

「そう言えば、今日ここに来た直後にこんなことが──」

 稲葉さん達が5人。グレイ達が4人に俺とアルトリアの、計11人と言う中々に大所帯で進むことしばし。
 ただ黙々と進むだけなのもなんなので、警戒を散らさない程度にぽつぽつと話を振りながら歩くうち、ふとここに入ったばかりに会った人のことを言うと、揃って渋い顔をする他の皆。
 何か心当たりでもあるのかと思った矢先、「聞いたことがある」と稲葉さんが漏らした。

「何でも、嘘の情報を渡して自分たちの都合の良い場所へと誘導し、装備やアイテムを強奪する奴等が居るらしい」

 稲葉さんの言葉に、グレイが「ボクも聞いたことがあります」と続き、ちらりと周囲に居る女性達へと視線を走らせ、若干言いづらそうに口を開く。

「特に女性は悲惨な目に遭う……らしいですね」

 その言い方で、どんな目に遭うかは容易に想像できると言うもの。
 アルトリアの様子を伺うと、やはり不快気に眉をひそめていた。

「挙句の果てには、そいつらは『プレイヤー』じゃなく、『プレイヤー』に成りすましたモンスターだって噂まであるぜ」

 そう言って肩をすくめたのは玉置。
 それにしてもモンスターが……ね。無論噂でしかないんだろうけど、そんな噂が出てしまう程に、そいつらの行為が酷いってことなんだろう。
 そんな会話をしながら歩いていると、不意にアルトリアの身体を球状魔法陣がうっすらと取り囲んだ。
 ……そうか、もうそんな時間かと思っていると、突然の事態に驚く稲葉さん達。そう言えば彼等の前でフェイトを召還したことは有っても、送還したことは無かったな。
 「大丈夫なのか?」と慌てる稲葉さん達を「大丈夫」と宥め、アルトリアに視線を送る。

「ではハヅキ。人数が多いとはいえ、決して油断しないように」
「ん、解ってる。気をつけるよ」

 俺の返事に満足気に頷いたアルトリアは「それでは、また後ほど」と言い残して色濃くした魔法陣とともに消えていく。
 俺もまたアルトリアへ「うん、また後で」と返し──そう言えばアルトリアの場合、ここで送還されたらどこに行くんだろうとふと思う。
 案外ここに居たりして──なんて思って、試しに「アルトリア、聞こえる?」なんて念話を送ってみたりして……反応は無し。となると、アルトリアの場合は『マイルーム』の方へ戻ってるんだろうか。
 ……なんてことを考えていると「あ、あれ? え? セイバーさんは?」と、ハルナの戸惑った声で我に返った。
 目を白黒させるグレイ達に、彼女は俺の【ユニークスキル】で呼び出して、手伝ってもらっている助っ人みたいなものだと、掻い摘んで説明した。
 流石に驚かれたけど……まあ仕方ないだろう。逆の立場だったらきっと俺も驚く。
 それから散発的にモンスターと戦いながら、時折方角を確認しつつ森の中を進むこと4時間弱。森を夜の帳が包むころ、俺達はようやくそこ>・・へ到達した。
 ピラミッド──エジプトではなく、マヤ文明に見られるような雰囲気の──に似た、巨大な台座のような遺跡を中心に広がる、木々の開けた広場。
 広場の外周にはいくつもの篝火が焚かれ、遺跡の周囲を幾重にも囲む、数十匹は──もしかしたら百を超えるかもしれない──居るであろうオークの群れを照らし出す。
 そして、ピラミッドの頂上に居座る、一際身体の大きなオーク。
 手には木製と思わしき、捻り曲がりつつも華美な装飾の施された大きな杖を持ち、夜の闇と炎の色で解りにくいが、恐らく赤色であろう、染め上げられたマントを羽織り、頭には鳥の羽で彩られた王冠のような兜を被っている。
 随分離れた距離であるここからも、そんな情報が読み取れるほどに、そのオークは巨体だった。
 周囲の構造物からざっと見るに、身長は恐らく3メートルはあるんじゃないだろうか。もちろん、その分横にも広い。

「恐らく、あれがこのオーク達のリーダーで……」
「第二層を守るボスでしょうね」

 一際大きな木の陰から広場の様子を盗み見ながら発せられた、稲葉さんとグレイの言葉に「だろうな」と頷く皆。
 次に問題になるのは、この後どうするか、なんだけど……。
 採りうる案としては2つ。突撃するか、様子見で待機するか、だ。
 30分ほど前、ディレイが明けた直後にアルトリアは召還しているし、目立った怪我も無いので、突撃するとしてもいいと言えばいいけれど……流石に皆疲れているし、一度しっかりと休憩するほうが無難だろうか。
 そんなことを考えていると、広場の様子を伺っていたケイが「……アレ、何やってるのかしら?」とつぶやいた。彼女が言うアレとは、ボスらしきオークのことだろう。
 俺達が着いた時には既に行われていた動作なのだが、先ほどからずっと、杖を両手で持ち、ゆっくりと上下させながら時折天に向けて細く長く吠えるのだ。そうこれは、まるで──

「……何かの儀式、みたいだ」

 正直良い雰囲気は感じないなとぼやく俺に、「ですね」と同意するアルトリア。一方で、佐々木少年が「あれが儀式だとしたら、終わればオークの数が減るんじゃないか?」と意見を述べた。
 それを聞いて、稲葉さんとグレイが考え込む。
 やはり、一番のネックは疲労だろう。
 少しして、考えがまとまったのだろう、顔を上げた稲葉さんが口を開き──

「──……グォォォオオオオーーーーオォォォ……」
『オォッ!』

 これまでで一番長く、抑揚をつけたオークボスの声が響き渡り、遺跡を取り囲む、広場に集ったオーク達が唱和する。

「オーク達が殺気立ってますし、何となく嫌な予感がしますね。一度下がりませんか?」
「……そう──」

 周囲の様子からグレイが提案し、稲葉さんが同意しかけた時だった。
 オーク達の一部──俺達から見て右手の方がざわめき立ち、森の中からオークボスには及ばないものの、周囲のオークより一回り大きな、体格の良いオークが現れた。両肩にそれぞれ、何か・・を担いで。

「あ、あれって」
「多分、人……子供? 『プレイヤー』っぽいね」

 稲葉妹の戸惑った声に、眼が良いのだろう、ケイが凝らすように見つめた後、答える。
 まるで恐怖心を煽るかのように、殊更にゆっくりと進む、二人を担いだオークと、それに呼応するように騒ぎ、喚き、吼え立てるオーク達。
 断続的に響き渡る、煽るようなオーク達の声に混ざり──

「──……だ……やだああ!」
「──……たす……助け……!」

 救いを求める声が、響いた。
 それを聞いた瞬間に、覚悟は決まった。
 知らず握り締めていた手を開き、改めて剣の柄をしっかりと掴む。

「……みんな、ごめん」
「まさか……助けに行く気?」

 最後まで言う前に問いかけてきたアカリに「ああ」と頷いて返す。
 と、今度はグレイが「ですが……」と声を上げた。

「流石に多勢に無勢過ぎます。下手をすれば……死にますよ?」

 確かにそうかもしれない。けど、それでも──“俺”は、逃げちゃいけないんだ。
 なのはが言ってくれた言葉を、思い出す。嬉しかった、眩しかったあの言葉は、一言一句を違えることなく思い出せる。

「……俺にはさ、アルトリアセイバーの他にも、助けてくれる仲間が居るんだ。そのうちの一人に会った時に、手伝って……助けて欲しいって言った俺に、彼女は二つ返事で頷いてくれた。俺から出せるメリットなんて、何も無いのにさ。……その時に、彼女が言ってくれたんだ」

 ──わたしに助けを求める人がいて、わたしに助けられる力があるんなら、わたしは力になりたい。目の前で苦しんで、頑張ってて、助けを求める人がいるのに、見て見ぬ振りなんてしたくないよ。

 あの時掛けてくれたなのはの言葉を口にした俺に、視線が集中しているのが感じられた。
 だから俺は、この場に居る皆の顔をしっかりと見直して、告げる。

「俺も同じだよ。俺の前に助けを求める人が居て、俺には戦う力があるのに、見て見ぬ振りなんてしたくない。彼女達に助けられて、今も、今までも力になってもらって、俺はここにいる。その俺が、ここで逃げ出す真似なんてしたら、それこそ合わせる顔が無い。俺は、皆に誇れる俺で在りたいんだ」

 だから、例え厳しくとも、あの子達を助けに行く。
 一度想いを口にすれば、しっかりと、意思は固まった。
 隣へ視線を向けると、アルトリアがコクリと、力強く頷く。

「ハヅキ──私は、貴方を誇りに思います。安心してください。私が必ず、道を切り開きます」
「ああ、頼りにしてる」

 心強いアルトリアの台詞に、自然と笑みが浮かぶ。
 さあ、行こうかと足をアルトリアと並んで足を踏み出したところで、俺達の後ろに続く気配。
 振り返れば、そこに居たのは稲葉妹で。

「わ、私も行きます!」

 少し声を震わせながらも、毅然と言い放った彼女に対し、稲葉さんが「雪っ!?」と驚いた声を上げる。
 そんな稲葉さんに対し彼女が返した言葉は、思ってもみない……けど、嬉しく思えるものだった。

「……ねえお兄ちゃん。私も葉月さんと同じ気持ちだよ。私はあの時……一層のボスの部屋で、葉月さんに助けてもらった。今までも、お兄ちゃんや瑞希さん、仁さんや哲也くんに助けてもらってる。だから、今度は私の番。皆に助けてもらった私が、今度はあの子達を助けるの。そうしたらきっと……次は、あの子たちが誰かを助けてくれると思うから」

 真摯な言葉は、時に強く心を打つ。
 稲葉さんは大きく息を吐くと、玉置や瑞希、佐々木少年と顔を見合わせてから一つ頷き、稲葉妹の横に立つと、ぽんと優しく頭を撫でた。

「別に俺も見捨てようなんて思ってないさ。……まあ、雪の成長を見れたのは、嬉しいけどな」
「まあそんなワケで、俺達も手伝うからヨロシク」

 苦笑交じりに言った稲葉さんに続き、口調は軽いながらも雰囲気は真剣に、玉置が言い──

「ボク達を忘れて欲しくは無いですね」

 グレイが肩を竦めながら、稲葉さんに並んだ。
 ……なんだ、結局皆か。そう言うと、返ってきたのは「当然」の一言。

「ボク達は、あっち──ボスらしきオークへ向かいます。そうすれば、恐らく子供を担いだ方への注意は逸れるでしょう」
「解った。なら俺達は、道を拓くことに集中する。二人の救出は、長月君とセイバーに任せる」

 グレイと稲葉さんの提案に「了解」と首肯する。
 さあ、いい加減もう時間が惜しい──「行こうか」と声を掛け、広場へ向けて駆け出した。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 02:40:53|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Phase69:「救出」 | ホーム | 永遠神剣之章:93.進軍、開始。>>

コメント

おぉー、共同での救出戦か。
勝利条件はプレイヤーを救出したのち全員で戦線離脱する、もしくは敵の殲滅および撤退させる事、ですかね?
奇襲をかけて速攻で後者を選択が一番でしょうけど、果たしてどうなる事か……。
こういう時、複数を同時に相手出来るなのはと一撃離脱で救出可能なフェイトが欲しいところだけど、逆に救出戦って事を考えるとセイバーの圧倒的な技量と戦闘経験は貴重ではある。
更に、セイバーの直感は凄いですもんねw
  1. 2014/05/28(水) 12:04:18 |
  2. URL |
  3. どたま #5hiobRrU
  4. [ 編集 ]

下にある私の感想で……

勝利条件云々で後者を~と書いてありますが、アレ前者でしたw
救出後に離脱が出来れば一番、ですね。
  1. 2014/05/28(水) 12:09:42 |
  2. URL |
  3. どたま #5hiobRrU
  4. [ 編集 ]

Re:

>>どたま 様

感想ありがとうございます。
次の階層に進むための条件も解らず、かつ周囲に敵が無数にいる中での行動である以上、おっしゃる通り「救出して離脱」がベストなのかもしれません。
なんにせよ、次回はアルトリアさんが頑張ってくれるはず。
のんびりとお待ちくださいませ。
  1. 2014/05/29(木) 08:00:01 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

最近更新多くて凄く嬉しいです!
ハヅキが魅力的な主人公してて思わず応援したくなりますね!
  1. 2014/06/02(月) 12:06:40 |
  2. URL |
  3. グリィン #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>>グリィン 様

感想ありがとうございます。
葉月君がちゃんと主人公できているようで何よりです。
これからもよろしくお願いしますね。
次回もなるべく早く見せられるよう頑張ります。
  1. 2014/06/03(火) 07:01:24 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/171-2a784ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR