FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

永遠神剣之章:83.綺羅と、時深。

 綺羅に連れられて歩を進める俺達。

 結局俺は、綺羅の申し出を受けて、倉橋時深──エターナル、時詠のトキミ──に会う事に決めた。
 このタイミングで、世刻ではなく俺に接触してきた意図……恐らく、と言うか十中八九間違いなく、昨日のアネリスとの契約だろう。
 あの時に発せられた、アネリスのマナ。荘厳にして威厳に満ちた、膨大なマナ。それを感知したのではないだろうか。
 それにしても、とりあえずざっと名を告げる程度の自己紹介はしたが、それ以降会話も無く、周囲の空気が何となく重い。まあ無理もないかなとは思うけど。
 俺としては時深に会うのに何等問題は無い。ユーフィーも居ることだし、タイミングは違えど元々会うつもりでいたからだ。ユーフィーに言った「アテ」ってのもそれだし。
 けど皆にとっては違う。久しぶりの新しい町にいざ行こうとした矢先、一部を除いて旅団の仲間にも言っていないのに俺をエターナルと呼ぶ、謎の犬耳巫女が現れ、会談を持ちかけてきたのだ。
 ユーフィーは「倉橋時深」の名前に警戒を解いているようだが、他の皆にとっては、得体の知れない相手に出鼻を挫かれたと言ったところ。今現在のこの何とも形容しがたい重い雰囲気はそのためだろう。
 けどなあ……流石にこのままってのはいただけないよな。
 ……だからと言って俺に何が出来るってわけでも……。
 そんなことを考えながら、ぼんやりと、自分の少し前を歩く綺羅の姿をみていると、ふと、その腰元から生えた尻尾が眼に止まる。
 ゆらゆら。ゆらゆら。
 そんな感じでゆっくりと振られるそれ。ソレを見ていると、何と言うか、無性にある衝動に襲われる。
 ……いやいや、怒られるっていうか、流石にダメだろう。
 ……なんて思いつつも見ていると、やはりこううずうずと。時たま茂みから飛び出した木の枝やらに当たった時に、ぴくんと大きく揺れたりするんだよな。

「……えっと、綺羅さん」
「何でしょうか?」

 視線だけをちらりと向けて答えてくる綺羅。

「……先に謝っておく。ごめん」
「え──?」

 彼女が何か言うよりも早く、速く。俺は──

「…………ていっ」

 衝動に負けた。
 そう、目の前で揺れる尻尾を根元の辺りから軽く掴み、そのまま先端の方へと手を滑らせながら、さわさわと。
 何これすっげえ良い手触り。
 さらっさらのふわっふわとでも言おうか。

「きゃあぅっ! ……ん、くっ……ふぁぁああ!?」

 …………こう何とも言えない素晴らしい声が上がった気がする。……ああ、尻尾は弱いんだっけか。
 うんうんと頷く俺を尻目に、当然と言うか、綺羅はばっと飛びのいて、こちらに振り向きながら後ろ手に尻尾を押さえ、涙目でキッと俺を見据えてきた。

「な、何をなさるんですか!?」
「えーと、目の前で振られてたものでつい」
「つい、で人の尻尾を撫で擦らないでください!」

 綺羅にそう言われ、ですよねーと思った直後、後頭部にゴンッと言う衝撃。

「ぐぉっ! ──……~~っつぅ……」

 思わず前につんのめりそうになったのをたたらを踏んで堪え、頭を抑えつつ振り返ると、『悠久』を振り上げたユーフィーが。

「祐兄さん! 何やってるんですか!」

 怒られた。



……
………


「祐さん……初対面の女の子に、あんな事したらだめですっ」
「何やってるのよ、バカじゃないの?」
「も~、ダメだよ、ユウってば!」
「祐……流石に同意も無しにあのような行為は感心しないな」
「マスター……流石にフォロー出来ません」
「まったくだ。第一あの理由は何だ、猫じゃあるまいし。バカもの」

 上からポゥ、ゼゥ、ワゥ、ルゥ、ナナシ、レーメと。とまあその後、案の定と言うか、全員から怒られた訳で。ああ、エヴォリアはそんな俺を見ながら笑ってたが。

「うちのご主人様が大変失礼致しました」
「ほら、もう……祐さんもちゃんと謝ってください」
「ごめんなさい」

 フィアとミゥに促されて謝罪した俺に対して綺羅は、身長差があるために、上目遣いにむーっと睨んできたあと「……はぁ」と小さく溜め息をついた。

「仕方ありません。もうしないと言うのなら、特別に許してあげます」

 散々怒られていた光景を見ていたからか、ふとその表情を少しだけ緩め、そう言って鉾を収めてくれるらしい綺羅。良い娘だ。
 そんな彼女に「うん、もうしない」と約束すると、「解りました。……一応信じます」と返してくる。次いで場を仕切り直すように「コホン」と小さく咳払いをする。

「では行きましょう。もう直ぐそこですから」

 そう言って再び歩き出した彼女に着いて行くと、隣に来たユーフィーが、おもむろに俺の右腕を抱きかかえる様に取ってきた。
 いきなり何だと視線を向けると、にこりと笑みを返して来るユーフィー。

「祐兄さんがまた不届きな行動をしないように、抑えとこうと思いまして」

 ユーフィーがそう言った直後、駆け寄ってきたルゥが、ユーフィーと同じように左腕を取る。

「では、私はこちらを。……ふふっ、まあ、大人しく捕まっていてくれ、祐」

 そんな二人に、やれやれと溜息を吐きつつ「はいはい」と答えた所で、不意に脳裏にアネリスの声が響いた。

(くふふふっ人気者じゃな、主様)
(……どうした?)
(……流石と言えば流石じゃが、もう少しスマートに出来ぬ物かの?)

 態々念話で言う事でも有るまいに、と思いつつ返した言葉に返って来たのは、そんな台詞。
 やれやれ、と言った感じのアネリスへ、「さて何の事やら」と返してやる。いや、実際別に“何か”を狙った──綺羅の尻尾を狙ったが──行動じゃなかったしな。うん。

(くっふふふふっ……うむ、そう言う事にしておこう。まぁ……先程迄の重苦しい空気が“偶然”にも無くなったのは僥倖と言うものよな)

 そう言って、もう一度愉しげに笑うアネリス。……いやほんと、いったい何のことやら、な。



……
………


 それから歩く事しばし、綺羅に連れられて着いた場所。そこは木々の開けた、小さな広場のような場所だった。
 その広場の中央。そこには、人ひとりが通れる程度の、黒い“穴”が空間に開いていた。

「あれは……?」
「転移用の『ゲート』ね」

 ぽつりと漏らすように発せられた、ルゥの疑問。それに答えた声は、エヴォリアのもの。
 それに対して綺羅はすっとその“穴”の横に並び立つと、俺達に向き直り、コクリと頷く。

「はい。此れを通れば、時深様の待つ『神木神社』に行くことが出来ます」
「なるほど……ふむ。『理想幹』で祐が出した『扉』によく似ているな」

 物珍しいのだろう、『門』の近くで観察するように見るルゥ。そんな彼女の姿に、ミゥの「まったく、ルゥってば……」と言う呟きが聞こえ、視線を向けたところで眼が合って、互いに苦笑を浮かべる。
 さて、何時までもここに居ても仕方がない。皆に「行こうか」と声を掛け、俺は『門』へ向けて足を踏み出した。
 ……さて、この向こうでは、果たして鬼が出るか蛇が出るか。
 ──『門』を通った直後に感じる一瞬の浮遊感。
 抜けた先に広がるのは、今までとは全く違った光景だった。
 広く開けた空間。敷き詰められた玉砂利と、奥に見える拝殿へ続く参道。
 俺にとっては見慣れた光景であるこういった風景でも、俺に次いで出てきた皆にとってはやはり珍しいのだろう、キョロキョロと視線を彷徨わせている。
 そしてそんな俺達の目の前に立つは、一人の巫女。
 醸し出す空気は清楚にして可憐。けれどその中に、凛とした強さを併せ持つ、美しき少女。
 どこかあどけなさの残る顔立ちに浮かべるは、柔らかく、優しげな微笑みで──だと言うのに、俺は背中に、冷や汗をかくのが解った。
 イャガの時は、互いの実力差が“有り過ぎた”為に、完全に呑まれてある意味感覚が麻痺してしまっていたけれど──アネリスと契約した今ならば、良く解る。これが……歴戦の猛者たるエターナルの凄みか。
 ……果たしてその彼女が一体俺に何の用なのか。
 その視線を正面から絡ませたところで彼女が口を開いた。

「ようこそお越しくださいました。私の名は倉橋時深と申します。以後、お見知りおきを」

 いざ、目の前にして感じる、圧倒的な存在感。
 呑まれないよう内心気合を入れて、静かに頭を下げる彼女へと向き直った。

「俺は、青道祐──」
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/08/08(木) 23:57:27|
  2. 永久なるかな ─Towa Naru Kana─
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Phase62:「悪意」 | ホーム | Phase61:「再戦」>>

コメント

嘘つき

モフモフさんドンマイ、犬でもしっぽをつかんで根元からこすると、変な感じがするのか嫌がられ?て逃げられます。
どんな感覚なのでしょうかね?

つーか今後の展開がほぼ一緒なら、もうしませんって嘘ですよね?
  1. 2013/08/09(金) 04:11:09 |
  2. URL |
  3. 狐 #SqoPBuKQ
  4. [ 編集 ]

Re:

>>狐 様

感想ありがとうございます。
尻尾を掴むとスルッと逃げられます。ですが逃げられると余計に触りたくなります。不思議ですね。
>>もうしません
このときはそう思ったんです。ホントダヨ。でも綺羅の尻尾は魔性の尻尾。チャンスがあれば触りたくなるのが人情と言うものです。仕方ないのです。
  1. 2013/08/09(金) 23:07:31 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

わーい更新してたー!

3日前に中古で買った聖なるかなが届いたので、のぞみんルートへ向けて奮闘していました。ネットで最強データ手に入れて俺TUEEEしてるのに中々進まない(泣) まだエヴォリア撃破して、絶くんとの対決が差し迫った辺りです。

それはさておき、出ましたねモフモフが。
相変わらずよいしっぽをお持ちのようで(ゲス顔)
そして最後に! 出ました! イャガさんの俗称「裸族」を継承できそうな巫女さんが! 改稿前では個人的にモフモフさんより好きでした!!

さぁ、我が欲望の化身(祐くん)よ、構うことはない、やってしまいなさい!!
  1. 2013/08/10(土) 01:42:48 |
  2. URL |
  3. ガーネット #7FrXHhSQ
  4. [ 編集 ]

Re:

>>ガーネット 様

感想ありがとうございます。
なるかなは長いですからね。ストーリーを追うだけでも大変です。
モフモフは正義……というわけで、ある意味主よりも扱いが良い綺羅さんが登場しました。
耳とか尻尾とかいじり倒される可哀そうな娘ですが、脱がされる主よりはマシでしょうか。
それにしても私が言うのもなんですが、『武装解除』をこう多用するオリ主ってどうなんでしょうね。自重はしていたつもりなんですが。
だからと言ってじゃあ減らすのか?と聞かれたら、そんなわけないと答えるのですが。
  1. 2013/08/11(日) 03:40:39 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/153-76d1d618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (111)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR