FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase57:「軌跡」

 フェイトとなのはの再会シーンはやはりいいもので、出来ればずっと見ていたいところではあるけれど、召喚時間も心許ない。

 ……と言うのも、『連鎖召喚チェイン・サモン』の仕様で、なのはを召喚した時点でフェイト……この場合は二人か。二人の残召喚時間が半分になっているからだ。
 実際に【ユニークスキル】へ意識を向けて残りの時間を確認してみれば、残りは1時間10分ほどになっている。
 そのため少々心苦しいけれど、「邪魔をして悪いんだけど……そろそろ良いかな?」と声を掛けると、二人は弾かれたように離れて、ほぼ同時に俺の方を向いた。

「ごめんね、葉月。やっぱり嬉しくて……」

 照れた様子でそう言うフェイトに「気にしなくていいよ。良かったな」と返すと、うんと頷くフェイト。
 そしてフェイトは俺の隣に移動すると、なのはに向き直る。

「ええっと……?」

 困惑する声を上げるなのはに対し、まずは自己紹介と言うことで、一歩前に出る。

「初めまして『高町なのは』さん。俺は『長月葉月』。いきなりこんなところに呼び出して申し訳ないんだけど……話を聞いてもらえないかな?」
「なのは、久しぶりに逢えたのに、いきなりこんなこと言うのも……って思うけど、私からもお願い。力を貸して欲しいんだ」

 俺に続いて発せられたフェイトの言葉で気を取り直したか、なのはが「とりあえず、話を聞かせて」と頷きつつ答えた。
 なのはに「ありがとう」と返し、落ち着いて話をするためにソファに座るよう促す。
 なのはの前に俺、そして俺の横にフェイトが座ると、先に話していた通り、フェイトが事情を説明するために口を開く。

「始まりは、約一ヶ月前──」

 そう前置きして話された事は、まるで嘘のような本当の話。改めて他人の口から語られるそれを聞いて、本当にそう思う。
 終わりの見えない、望まぬ冒険譚。
 迷宮の王ゲームマスターを名乗る何者かによって俺がこの『深遠なる迷宮』に召喚され、その時に身につけた【ユニークスキル】によって、フェイトをべるようになったのが出逢い。
 そして俺に召喚されたフェイトが、『家族の元に帰りたい』と言う俺の願いを聞いて、俺が帰るための手助けをしてくれるようになった。
 洞窟のような第一層。
 時には俺が、初めての戦いや不安、先の見えないこの世界に心折れそうになったりもしたけれど、支えて、支え合って……互いに信頼を深めながら、共に進んできた。
 アースラの方では、アルフやクロノ、リンディ提督やエイミィにも事情を話して、協力を仰いだりもした。
 『ネームドモンスター』と呼ばれる、周囲の敵よりも遥かに強い固体とも何度も戦って、乗り越えてきた。
 そして、第一層の10階を攻略した時に、【ユニークスキル】がレベルアップして、もう一人召喚出来るようになって、それと同時にフェイトを召喚中に限り、なのはを召喚できるようになったこと。

「それが一昨日かな」

 今までを振り返りながら、かみ締めるように話し終えたフェイトに対し、なのはは「一つだけいい?」と問いかける。

「どうして一昨日……わたしを召喚できるようになった時に、すぐ喚んでくれなかったの?」

 なのはに問われ、フェイトは申し訳無さそうに眉根を下げながら「ごめん」と謝る。
 それに対してなのはは「別に責めてるわけじゃないよ」と、少し慌てたように返した。

「私を召喚していられる時間って決まってて、あの時はもう時間がそんなに残ってなかったこともあるけど……私がね、葉月にお願いしたんだ。なのはを召喚するのは、一週間だけ待って欲しいって」
「……一週間……そっか」

 フェイトの「一週間」と言う言葉で、フェイトがなぜそう言ったのか理解したのだろう、納得がいったように──少し嬉しそうに微笑むなのは。
 そんなのはに、フェイトは「けど」と表情を固くしながら言葉を続ける。

「今日……ううん、ついさっきって言ってもいい、かな。新しく行けるようになった第二層で、『ネームドモンスター』との戦いで葉月が死に掛けたんだ」
「……え?」

 「死に掛けた」と言うその言葉に、なのはが俺を見る。
 俺は頷いて、「フェイトのお陰でこうして生きてるよ」と返すと、なのはは神妙な顔つきで、何かを考えながらフェイトに向き直り、続きを促した。

「……傷だらけで意識をうしなった葉月を見て、凄く怖かった。私ね、思ったんだ。なのはが居たらこんなことにならなかったかも……ううん、きっとならなかったって。多分、私も葉月も油断してたんだと思う。今まで順調に来ていたから、これからも大丈夫だって。……忘れちゃいけないことを、忘れちゃってたんだ。私達にとって大事なのは、出来る事を全てやって、全力でここに挑まないといけないんだってことを」

 そこでフェイトは言葉を区切り、一度息を吐くと、「だから」と続きを話し出す。
 なのははただ黙って、真剣に、フェイトの言葉を聞き続けていた。

「だから、なのはにも力を貸して欲しい。私は葉月を絶対に元の世界に戻してみせるって誓った。なのはにも、それを手伝って欲しいって思う。……なのはが居たら、凄く心強いから」

 そう言って微笑むフェイトに、なのはも柔らかな笑みを浮かべて──

「けど……なのはが手伝ってくれるとしたら、伝えないといけないことがあるんだ」
「伝えないといけないこと?」

 再び真剣な表情に戻したフェイトの言葉に、鸚鵡返しに問いかけるなのは。

「うん。それはきっと、“こっち”で動くんなら、知っておいた方がいいことで……なのはがどう感じるかは解らないけど、もしかしたら凄く不愉快に思うかもしれなくて……だから、ね、なのは……良く考えて。なのはがどんな結論を出しても、私達はそれを尊重するから」

 言いたい事は全て言ったと、言葉を止めたフェイトに対して、なのはは──小さくかぶりを振った。
 そして、強い瞳で、フェイトを、そして俺を見つめて言う。

「大丈夫だよ」

 きっぱりと言い切ったなのはに、俺もフェイトも虚を突かれて、ほとんど同時に「え?」と声を上げていた。
 そんな俺達の様子に、なのははふふっと笑って「えっと……葉月さん、でいいですか?」と訊いてきたので、頷いて返すと、

「フェイトちゃんは葉月さんに“それ”を聞いて、それでも手伝ってるんだよね?」
「え、う、うん」
「だったら、わたしも大丈夫。確かにわたしは今葉月さんに逢ったばかりだけど、フェイトちゃんが信じられる人だって思ってるなら、わたしも信じられるよ」

 きっとそれは、嘘偽りも、余計な飾りもない、彼女の心からの言葉なんだろう。だからこそ、彼女の今の言葉は、その一言一言がストレートに心に入り込んでくる。
 本当に、有り難くて、嬉しい。
 力を貸してくれること……何よりもまず、俺のことを信じてくれることが。もちろんフェイトが居てくれたからって言うのが大きいのは言うまでもないことだけど。
 ともあれ、こうまで言ってくれる相手に対して、ちゃんと言うべきことは言わないとな。

「……ありがとう。信じてくれたことも、力を貸してくれることも……本当に、嬉しく思う」

 俺は姿勢を正して頭を下げる。
 礼を言うことぐらいしかすることが出来ないのは、やはりもどかしくも思うけれど……いつか俺が力に成れる時があったなら、出し惜しみすることなく力になろうと心に決めた。

 それから一呼吸置いて、先程フェイトが言った「知っておいた方がいいこと」に関して説明した。
 すなわち、俺の出身世界となのはの世界との関係。そして、他の『プレイヤー』に関して、だ。あまり直接的な表現はしないようにしたつもりだけど。

「……つまり、わたし達の世界での出来事が、葉月さんの世界で“お話”になってる……ってこと、ですか?」

 確認するように纏めたなのはの言葉に、「おおむねそんな感じかな」と首肯する。

「だから、これから出会う『プレイヤー』の中には、君の事を“知っている”人も居ると思う。もしかしたら、そのことで凄く不愉快な想いをさせてしまうかもしれない。もちろん全員が知っているって訳じゃないし、知っている人と知らない人の比率がどうなのかって言うのも解らないけどね」
「……はい」
「もちろん俺は、なのはが……なのは達がその“お話”に出てくるそのままだなんて思っちゃいない。けど、君達のことを知っている『プレイヤー』の中には、君達にとって不愉快な言動を取る人が居ないとも限らないから」

 だから、こうして先に説明させてもらった、そう締めた俺に、なのはは「解りました」と頷く。

「その……今言われたことを全部受け止めるのは、すぐには難しいし、そういう人に出会った時に、自分がどう感じるかは解らないけど……」

 きっと、色々な想いや葛藤があるのだろう、複雑な表情でそう言うなのはに対し、フェイトが「なのは」と声を掛けた。

「もちろんそんな、すぐに今葉月が言ったことを受け入れて、何て言わないよ? 正直言うと、私もまだ全部を……告げられた事を何もかもを受け入れてるってわけじゃないんだ」

 そう言ってから、チラリと俺の顔を見て「葉月のことを信じてないわけじゃないからね?」とフォローしてくるフェイト。
 そんな彼女に「解ってるよ」と返すと、ほっとした表情を浮かべる。
 フェイトが俺のことを信頼してくれていることに疑いなんて持たない。けど、それとこれとは話が別なのだろう。俺と彼女の立場が逆だったら、と想像すれば、それぐらい容易に思い至る。
 自分にとって衝撃的な事実をフェイトに告げられたとしたら、俺はきっと、フェイトの言うことだから本当だろうと信じても、心情的にそれをすぐに受け入れられるかと言えば、首を横に振るだろうから。

「それでも私は葉月のことを信じてるし、葉月を元の世界に帰したいって想いは変わってない。葉月の力になりたいって、そう思ってる。けど……それはきっと、私が葉月と接してきたからこそ、そう思うことなのかもしれなくて……」

 上手く思いを纏められないのか、そこで口ごもってしまったフェイトに対して、なのははクスリと笑い「大丈夫だよ」と、先程と同じようにキッパリと言い放った。

「さっきも言ったけど、フェイトちゃんが信じてるなら、わたしも信じられる。こうやって少しだけど話しただけでも、悪い人じゃないって言うのも解るから。……わたしもフェイトちゃんと同じだよ。葉月さんが言ったことを信じないわけじゃない。けど、受け入れるには時間がかかるかなって、そう思っただけ」

 そう言ってニコリと笑ったなのはは、少しだけ間を開けて「それに……」と続け、俺とフェイトの顔を交互に見て、強い想いの篭められた言葉を言い放った。

「わたしに助けを求める人がいて、わたしに助けられる力があるんなら、わたしは力になりたい。目の前で苦しんで、頑張ってて、助けを求める人がいるのに、見て見ぬ振りなんてしたくないよ」

 その言葉は、『高町なのは』と言う人物が描いてきた、これから描いていくであろう軌跡を如実に現しているように思えて──これが『高町なのは』か、と思わせる──尊くも気高いその想いが、心に響いた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/06/23(日) 03:41:18|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Phase58:「忠告」 | ホーム | 永遠神剣之章:78.脱出、理想幹。>>

コメント

やはり主人公は格が違った

・出会い頭のフェレットもどきを助けるために化け物と戦う

・敵であるはずのフェイトに零距離射撃して説得、友達になる

・フェイトに頼まれてロリコンを助ける手伝いをする←NEW!

こうして見ると、ホンマなのはさんは天使やで!

というか、登場したばっかりで完全に葉月を空気にするとは……さすが主役は違いますね。
まあ、本当に小学生かよ! と思いますが、それでこそ『高町なのは』なのでしょう。
今まで何となく葉月とフェイトでは浮ついたような、地に足が着いていない気がしていましたが、これで大分落ち着いたパーティになるんじゃないでしょうか。

>>こうやって少しだけど話しただけでも、悪い人じゃないって言うのも解るから

うん、フェイトちゃんの頭を撫でたり膝枕してもらったりして、たまに欲望に正直だけど、悪い人じゃないんだ……。


今回は葉月も様子見に徹したのか、あまり積極的に出ませんでしたね(違う)。なのはが助かって良かった。
そして、しっかり「死にかけた」と「マイルーム」で発言した……次回こそ、アルトリア先生による個人レッスンの、幕開けか!?

次回も、リリカルマジカル、期待してます。
……ところで、リリカルマジカルってどういう意(ry
  1. 2013/06/23(日) 23:25:14 |
  2. URL |
  3. てつたまご #oxcQFQjw
  4. [ 編集 ]

素敵な高町なの破産に乾杯

>これから描いていくであろう軌跡を如実に現している

一瞬、この軌跡という単語が『奇跡』に見えてしまったり。
やはり「高町なのは」、巷で「悪魔」だの「魔王」だの言われていても、立派な主人公ですね。
登場したばかりで、あの存在感はさすがです。

>わたしに助けを求める人がいて、わたしに助けられる力があるんなら、わたしは力になりたい。目の前で苦しんで、頑張ってて、助けを求める人がいるのに、見て見ぬ振りなんてしたくないよ

こんなアツイ台詞を真顔で言い切れるからこそ、彼女は不屈のヒーロー(注.決してヒロインではない)なのでしょうね。
  1. 2013/06/24(月) 00:11:03 |
  2. URL |
  3. ルーフェ #-
  4. [ 編集 ]

>>てつたまご 様

感想ありがとうございます。
拙作の主人公は葉月のはずなのに、まるでなのはさんが真の主人公のようですね。不思議です。
今回はなのはさんへの説明で終わってしまいました。
なのはが協力してくれる気になった最大の理由は、やはりフェイトの存在でしょうね。
とは言え彼女の場合、ちゃんと話して、しっかりと事情を説明すれば、フェイトが居なくても手伝ってくれるでしょうが。

ちなみに次回は久しぶりにアルトリアさんが出てきます。
果たしてフェイトの口にした「葉月が死に掛けた」発言を聞いて、どんな反応を示すんでしょうか。怖いですね。

>>呪文の最初には、魔法が暴発しないように術者が設定する、セイフティロック解除のパスワードが必要。
例えば、なのはのパスワードは「リリカル・マジカル」

だそうです。NanohaWikiより。


>>ルーフェ 様

感想ありがとうございます。
ある意味『奇跡』でも間違ってはいないと言うのがなんとも。

「悪魔でいいよ。悪魔らしく、話を聞いてもらうから」

この台詞は『悪魔』のインパクトが強いですけど、実際にはなのはの想いと覚悟と気持の通じないもどかしさが篭められている、良い台詞だと思うんですよね。
この台詞を言った際の彼女の表情が、それを物語っていると思います。
ちなみに映画版の言い回しの方も好きです。

「悪魔でいいよ。話を聞いてくれるんなら、悪魔だっていい!」

たとえ何と罵られようと、はやてを助けるためにまずは話がしたい。そんな想いをひしひしと感じますから。

なの破産にしろフェイ倒産にしろ、大事なのは自制です。気をつけましょう。……なんて自制できていない私が言うのもなんですが。
  1. 2013/06/24(月) 01:15:11 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

だがこの後の“軌跡”が問題

無印はまだ良かったんや……当時は新機軸?魔法少女であっても王道だったし。
ぶっちゃけAsでの経験が管理局の白い悪魔を生み出したといっても過言ではない……多分この年齢でAsに関わらなければ『とらはなのちゃん』に近い形で大人に成った筈。
このガチ主人公な少女が決定的に歪んだのは幼少のトラウマではなく……そういう意味でヴォルケンズとグレアム達マジ戦犯。

とまあ、愚痴は置いておいて。
といっても感想書こうとすると「葉月が主人公ポジ喰われそう」という位しかwwwwwww
後は本編で書いてある通りプレイヤーが五月蝿くなりそうだな、って事かな?

では次回更新楽しみにしております^^
  1. 2013/06/24(月) 01:31:19 |
  2. URL |
  3. 皇 翠輝 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

>>皇 翠輝 様

感想ありがとうございます。
果たして拙作におけるリリカル世界では、葉月を初めとした『本来出逢うことの無い人達』との出会いを受けて、なのははどんな風に成長するのでしょうね。

なのはを呼ぶときはフェイトが居ないと召喚できません。戦闘にしろ日常にしろ、必然的に、なのはとフェイトがセットになるような感じなので、葉月が浮きます。→あれ?

アレですね。9歳の美少女二人を侍らせた10代後半の男として周囲が五月蝿くなるんですね解ります。

中々まともな探索回に入れなくてなんですが、次回はなるべく早く更新できるようにがんばります。
  1. 2013/06/24(月) 23:13:22 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/143-d73c87a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR