FC2ブログ

夢幻の残響

二次創作なんかを書いてみたり。

Phase56:「再会」

 どうやら再び眠ってしまっていたようで、気が付くと先程から更に1時間が経過していた。

 ごめん、と謝る俺に、フェイトはクスリと笑いつつ「気にしないで」と返してくる。

「それだけ消耗していたって事なんだし、謝る必要なんて無いよ」

 そう言ってくれるフェイトに感謝しつつ起き上がり、「脚、大丈夫?」と問いかけると、「全然平気だよ」との返事が。

「けど、ほんとありがとう、フェイト。色々と楽になった」

 心も身体もね、と続けた俺に対して、フェイトは「それなら良かった」と微笑んで、すぐにその表情を引き締める。

「あのね、葉月。葉月が眠っている間にずっと考えてたんだけど……」

 次いで発せられたフェイトのそんな言葉に、俺もまた姿勢を正してフェイトに向かい合い、聞く体勢を整える。

「それで、考えてたことって?」
「うん……『連鎖召喚チェイン・サモン』のこと。ねえ葉月。なのはをんで、手伝ってもらおうか?」

 先を促した俺に対して告げられたのは、そんな思いも掛けない言葉だった。
 フェイトは「さっきの戦いを振り返ってみたら、なのはが居たらきっとズィーレビアを倒すことが出来たよ」と続ける。
 そう言えば【称号】を確認して無かったけれど、フェイトがそう言うってことはズィーレビアはまだ生きていて、恐らくは逃げられたんだろう。……いや、フェイトも俺のことがあったから、追撃を掛けることなんて出来なかったんだろうけど。
 とは言え、それは。
 俺がなのはを召喚していないのは、フェイトとなのはの約束を果たさせたいからだ。
 確かに今なのはを喚んだとしても、それで二人が向こうで逢えなくなると言う訳ではない。むしろ二人が再会するのが早くなるだけなんだけど……けど、それは何か違うんだと思ってしまう自分が居て。
 ……何て言えばいいんだろうか。そう、二人がした“再会の約束”は、ただ逢えばいいって言うんじゃなく……約束をして、その“約束の日”に至るまでの日々もまた、実際に逢う日と同じぐらい大切なものなんじゃないかって、そう思って──
 言葉を詰まらせた俺に対して、フェイトは申し訳無さそうな表情を浮かべた。

「私から頼んだのに、ごめんね? ただ、思い出したんだ」

 そう言ったフェイトは、手を胸に当てて瞳を閉じる。

「まだ全然日が経ってないのに……葉月と一緒に過ごす日々が楽しくて、嬉しくて、いつの間にか頭の隅に追いやられちゃってた。あの時誓ったはずなのに。……葉月を助けるために、打てる手は全部打つんだって。全力で、葉月のことを元の世界に帰すんだって」

 『打てる手は全部打つ』。フェイトのその言葉を聞いて、記憶に浮かぶのは、進んできた第一層のこと。
 第一層では、焦って先走ってしまう事もあったけど……少なくとも、フェイトに諭されたあの時からは、慎重に慎重を重ねて、その時出来る最大限で挑んできたつもりだ。
 じゃあ、今は?
 そう自問した時に浮かぶ答えは……“否”だった。
 今にして思えば、ここに来た時もそうだけれど、“新しい場所”と言うことで浮ついた所も有ったと思う。特に、慎重さが足りなかった。だからこそ、今回こんな怪我をしてしまったんだし。
 何よりも、万全を期し、出来る事を全て行って挑むのであれば、今フェイトが言ったようになのはを召喚して手伝ってもらうのが一番なのだろうから。
 けどそれと同時に、やはりどうしても躊躇ってしまう自分も居るのも確かで……

「だから、ね、葉月。葉月は自分のことを最優先に考えて」

 そう言って微笑むフェイト。そんな彼女に、俺の口からは「違うよ」と否定の言葉が出ていた。

「……確かに、今回『連鎖召喚』を行うのを伸ばしていた切っ掛けは、フェイトの頼みだった。けどさ、それはあくまで切っ掛けであって、フェイトに無理矢理止められてたわけじゃない。俺自身の意志で、そうすることを選んだんだ。俺の我侭でもあったんだよ」
「……我侭?」
「ああ。フェイトとなのはには、ちゃんとした再会をして欲しいって、俺自身がそう思って、そういう行動を取ったんだ。それで少しでも喜ぶフェイトの顔が見たいって、そう思ったんだよ」

 それに何よりも……俺はフェイトに与えてもらってばかりだから、こんな小さなことだけれど、少しでもフェイトに何かを返せたらって、そう思った。
 だから、『連鎖召喚』でなのはを喚んで居なかった理由の一番理由は、俺の我侭に過ぎないんだ。

「だから俺は、自分のことを考えて行動して、その結果が今日なんだよ」

 そう続けた俺に、フェイトはむぅ、と表情を厳しくする。
 ……納得してないんだろうなぁ……って言うか、顔に「納得できない」って書いてあるな。

「……じゃあ、言い方を変えるよ。葉月はもっと、“自分が帰ること”を優先して考えて」

 ほらやっぱり。
 とは言え、フェイトは俺を気遣って言ってくれてるんだし、俺もその想いは凄く嬉しく思う。
 ……意地を張っても仕方が無い、か。
 「解ったよ」と答えると、フェイトは直ぐに顔を綻ばせて「うん」と頷いた。
 ……まったく、俺としてはフェイトにこそ、もっと自分のことを考えて欲しいんだけど。こうしていつも助けてもらってる俺が言うことじゃないんだろうけどさ。
 そんな風に思った時だ。まるで俺の考えを見透かしているかのように、フェイトが「大丈夫だよ」と言った。

「やっぱり私としても、1日でも早くなのはに逢えるのは、嬉しいから」
「……そっか。それなら良かった」

 俺のことを気遣っている……と言うだけじゃない。本当にそう思っているのだと言うのが窺い知れるような、嬉しそうな笑みをうかべるフェイトに、俺も自然と笑っていた。
 まあいい。フェイトにはまた改めて、必ず恩を返そう。今日の分も含めて、絶対だ。



……



 フェイトに対する決意も新たにしたところで、フェイトの残召喚時間が2時間半程度になっていたし、正直時間も惜しいと言うことで──いや、大半の原因は俺が気を失ってたからってたからなんだけど──『帰還の巻物リターンスクロール』を使って『マイルーム』に戻ってきた。
 ちなみに経過したはずの時間と残りの召喚時間との計算が合わないので、もしかしてと思いつつ『ステータス』を確認してみると、案の定と言うか、フェイトの召喚可能時間が30分ほど延びていた。
 一緒に『不屈の心』とか言う【スキル】も取得していたので、合わせてフェイトに報告すると、

不屈の心レイジング・ハート……」

 と呟いた後、クスリと小さく笑みを零す。

「どうした?」
「ううん……前にアルフに葉月のことを話した時に、『なのはみたい』って言ってたなって思い出だして」

 それはまた過大評価と言うか何と言うか。
 ちなみにアルフに俺のことを何て話したのか訊いたけど、「私が葉月を見て、葉月の言葉を聞いて、葉月と接した、有りのままを話しただけだよ」としか教えてくれなかった。

 それはともかく。
 『マイルーム』に戻り、バリアジャケットを解除してから、早速なのはを召喚するための『連鎖召喚』に取り掛かる。
 ……とは言え、やり方自体は例の如く、知識として頭に入っているし、難しいものでもない。必要なのは心構えのみと言ったところか。
 フェイトも居るし、なのはの性格から見てもきっと協力してくれるだろう。……とは言えやはり、初めて逢う相手──それも向こうにとってはいきなり見知らぬ相手に呼び出されるのだ──と言うのは緊張する。
 一度深呼吸して、思考をクリアにして気持を落ち着かせる。
 隣に立ったフェイトに右手を差し出し──「何?」と小首を傾げて訊かれたところで、全然さっぱり説明していなかった事に思い至った。

「ごめん、言い忘れてた。『連鎖召喚』をする時は、召喚したい人に対応した相手に触れてないとダメみたいなんだ」

 そして一言、唱えればいい。
 そう説明すると、フェイトはすぐに「うん、解った」と頷き、差し出していた俺の右手に、左手を重ねてきた。
 触れられた手は温かく、軽く眼を瞑れば、重なった手を通じてフェイトの存在を強く感じられる。
 重ねられた手が握られて、眼を開けて隣を見れば、ニコリと微笑んで、コクリと頷くフェイト。
 ……よし、やるか。
 空いた左手を前方へと翳し──たところで、フェイトが「そうだ、葉月」と声を掛けて来た。

「なに?」
「なのはを呼び出したら、私に話をさせてもらえないかな?」

 そう言って「お願い」と続けるフェイト。もちろん、俺に否は無い。こんな形での再会になってしまったとは言え、話したいこともいっぱいあるだろうし。
 「もちろん良いよ」と返した俺に、「ありがとう」と礼を言ってくるフェイト。
 そんな彼女へ「気にしないで」と返して──それじゃあ改めて、俺は鍵となる言の葉を口にする。

「『連鎖召喚チェイン:高町なのは』!」

 次の瞬間、掲げた左手の先──俺達の前方の空間に出現する、人一人が入るぐらいの大きさの球状魔法陣。
 「私を喚ぶ時も、いつもこんな感じなの?」と訊いてくるフェイトに「そうだよ」と返したところで、球状魔法陣がガラスのように砕けた。
 その中から現れたのは、茶色の髪を黒い細いリボンでツインテールにして、白いセーターに赤色のチェックのミニスカートの、フェイトと同じぐらいの背丈の少女。

「……ふぇ?」

 スキルに間違いは無いだろう、とは思いつつも、目の前で途惑った声を上げる彼女が、間違いなく『高町なのは』であることを確認しようとフェイトに視線を向けると、涙に潤む瞳で少女を見つめるフェイトが居た。
 フェイトの様子を見れば、疑う余地も無いことが思い知らされる。
 だから、そっとフェイトの手を離して、その背中を軽くぽん、と押してやった。

「……なのは……」
「…………え……?」

 呟かれた声に、なのはの視線がフェイトに移り、先程よりもより深い戸惑いの篭められた声を漏らす。
 けれど、それは、

「なのは……」
「……フェイト、ちゃん? え、でも……フェイトちゃん……本当に、フェイトちゃん……なんだよね?」
「うんっ! うん、うん……そうだよ、なのは。逢いたかった」

 フェイトのその言葉を合図にしたように、なのはの顔に浮かんでいた戸惑いは歓喜へ変わる。

「なのはぁ!」
「フェイトちゃん!」

 そして、ほとんど同時に、弾かれたように飛び出して抱き合う二人の姿は、ただ喜びに満ち溢れていた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/06/10(月) 03:23:49|
  2. 深遠なる迷宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<永遠神剣之章:78.脱出、理想幹。 | ホーム | 永遠神剣之章:77.苦渋の、撤退。>>

コメント

なのはキタ―――(゚∀゚)―――― !!

いよいよ登場した真打! そして冷静な判断のフェイト! だけど、もうすぐ一日が終わるw
魔法少女'sの活躍は明後日までお預けか。

>>……まったく、俺としてはフェイトにこそ、もっと自分のことを考えて欲しいんだけど。こうしていつも助けてもらってる俺が言うことじゃないんだろうけどさ。

いやいや、ズィーレビアが捨て身で来たらやられてたかもしれないんですから、もうちょっと危機感持ちましょうw まあ、らしいって言えばらしいんですが……。

>>俺はフェイトに与えてもらってばかりだから、こんな小さなことだけれど、少しでもフェイトに何かを返せたらって、そう思った。

約束は叶えてこそ、っていう葉月の考えは分かります。ですが、連鎖召喚する事は、何も戦力を充実させるだけではなく、フェイトの精神面でも非常にいい効果を与えるのではないかと。
一分一秒でも早くフェイトの不安や負担を軽減する事も十分“恩返し”になると思うのですが……そういう面もあるって事にも気付いて欲しいです。

>>だから、そっとフェイトの手を離して、その背中を軽くぽん、と押してやった。

そして何より、監視(なのは)の目があればこんな風に葉月が不用意にタッチしたり、フェイトが不用心に近づいて膝枕したりする回数が減って……いや、なんでもないです。


>>そして、ほとんど同時に、弾かれたように飛び出して抱き合う二人の姿は、ただ喜びに満ち溢れていた。

感動の再会のところ悪いですが、葉月君は明日、指導室(マイルーム)で先生(アルトリア)が待っているそうですから、逃げないように!

それでは、次回も楽しみにしています。
  1. 2013/06/10(月) 23:39:11 |
  2. URL |
  3. てつたまご #oxcQFQjw
  4. [ 編集 ]

>>てつたまご 様

感想ありがとうございます。
葉月にとっては、フェイトに与えられた恩はとても大きく感じられるものです。
そう言った恩を返したいと思ったとき、やはり当事者としては目に見えると言いますか、明確に解る形で帰したいと思うのでしょう。
フェイトにとっては、葉月が無事でいてくれることこそが最大の恩返しなのかもしれませんけどね。

今回こんな目に遭ったことで、改めてこの迷宮が一歩間違えれば死ぬ可能性のある場所だ、と言うことを認識しました。
そうなるとやはり、そんな場所に自分が原因で、本来であれば関係の無いフェイト達を関わらせてしまっているのだと思ってしまうのでしょう。
自分よりも相手のことを優先して考えてしまっている葉月ですが、少なくとも彼自身が召喚する相手に対しては、中々この考えは変わらない……変えられないかもしれません。
とは言え今回のフェイトがそうでしたが、自分が死ねば悲しむ人がすぐ近くに居ると認識した以上、自分自身を疎かにするということは無いと思いますが。
ちなみにアルトリアは、現時点では葉月が死に掛けた事は知りません。『マイルーム』内では話してないですし。なのはに説明する以上は時間の問題ですけど。

それはそれとして。
果たしてなのはさんは葉月の魔の手からフェイトを救い出すことができるのでしょうか。
それともなのはさんも葉月の毒牙に掛かってしまうのか!?
……いや、冗談ですよ。多分。


以下次回予告風に。


突然呼び出された知らない部屋。
そこには、思いもかけない“再会”と“出会い”が待っていました。
戸惑いと、喜びと、そして……
次回、深遠なる迷宮 Phase57:「軌跡」
リリカルマジカル、がんばります
  1. 2013/06/11(火) 02:17:21 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

ふと思ったんですが……。

 元々、常日頃から桃色空間形成している両親&兄姉に疎外感を感じていたなのはが、フェイトと葉月がいちゃつくのを見せつけられるのって、精神的にヤバくないですか?
 まぁ、フェイトと距離が開いた分、ユーなのフラグ辺りが強化されて、明らかに魔法に依存してたっぽい原作なのはよりはずっとまともな人間に育つ可能性もありはしますが。
 自分の兄貴より年上(ですよね?)な男が、親友と桃色空間作るのをみて、なのはがどんな感想を抱くのか?
 いろんな意味で期待してますです。
  1. 2013/06/13(木) 03:56:11 |
  2. URL |
  3. 十八 #x5tJfYGY
  4. [ 編集 ]

なのは様降臨されたー!!

ついになのは様が降臨されましたかー
フェイトとなのはの仲良しぶりに葉月がさみしがるのかフェイトと葉月のいちゃつきぶりになのはがブレイカーするのかとても興味があります。
フェイトが現実?に戻ったらなのはとの再会に喜ぶ姿と膝枕した恥ずかしさで真っ赤になる様子がほしいところです。
次回も楽しみにしています。
  1. 2013/06/13(木) 22:24:19 |
  2. URL |
  3. FUMI #-
  4. [ 編集 ]

>>十八 様

感想ありがとうございます。
拙作は基本的に、目指せハッピーエンドな読み手に優しいSSですので、精神的にきつくなったなのはさんがヤンデレたりとか、「フェイトちゃんどいて! そいつ殺せない!」になったりはしませんので、心穏やかにまったりとお待ちくださいませ。
ちなみに葉月よりも恭也の方が年上ですね。と言っても1歳程度ですので、なのはから見たら同じようなものですが。
……心境的に複雑かもしれません。がんばれなのは。


>>FUMI 様

感想ありがとうございます。
とうとうなのは様がご降臨あそばされました。ですがむしろ私としてはレイハさんのほうが不安だったりします。
恐らくレイハさんの台詞からデバイスの台詞が日本語表記になりそうな気がします。はは。
まあ、恐らく念話的なもので意思疎通しているという感じでひとつ。
いや、ミッド語のレイハさんとなのはがいきなり意思疎通できてたあたり、恐らくそんな感じなんじゃないかなぁと。
それはそれとして。
恐らく今回の記憶が流入したら、色々なことがありすぎて、フェイトさん大混乱かもしれません。
何はともあれ、次回も頑張らせていただきますので、まったりとお待ちくださいませ。
  1. 2013/06/14(金) 02:21:33 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #V.Bbj6F2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phantomreverb.blog.fc2.com/tb.php/141-bf6ad998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風鈴

Author:風鈴
まったりやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

目次 (4)
永久なるかな ─Towa Naru Kana─ (118)
深遠なる迷宮 (106)
雑記 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR